せどり転売 中国輸入 副業初心者 在宅副業

Amazonからのこの3つのメールに要注意、フィッシング詐欺!!

2017/04/12

本日、副業をしている仲間からこんな注意メールをいただきました。

下手したら、何十万円と抜き取られてしまうこともあるので、
気をつけてください。

ありがたいと思ったと同時に副業で物販をされている方、
Amazonを使っている方にもと思い、シェアさせていただきます。

ほんとこういうようなメールには気をつけないといけないですね。

このようなメールが届きます

話題の画像より引用:http://twicolle-plus.com/articles/45803

このようなメールが送られてきます。
Amazon出品者でしたら焦ってパニクってしまいますよね。
「アカウント停止」一番聞きたくない言葉ですね。

このメールや次の画像のメール、

このような2つのメールには、気をつけてください。
これをクリックしてしまうと、このような画面になります。
Amazonに見せかけた偽Amazonサイトです。

このような偽サイトでサインインしてしまうと、そのIDやパスワードは
盗まれてしまいます。

本物のサイトを丸ごとコピーしてつくっているケースが多いため、
画面だけでは本物のAmazonサイトと見分けがつきません。

それだけでなく、クレジットカード情報など入れてしまうとそれも
盗まれてしまいます。

上の画像でいうともし、入力した際に知られてしまう情報は、

・住所、名前
・クレジットカード番号情報
・クレジットカード有効期限
・クレジットカード裏のセキュリティーコードです。

完全にヤバイですね!!このようなメールには絶対に対応しないようにしましょう。
出品者なら絶対にパニクらないで下さいね。
パニクって頭の中が真っ白になったときには、頭が回っていないので。

だからあらかじめ、

こういうことがあることを知っておくのは、
とても大事です。

知っていれば、「あっ!もしかして!!」って頭が働きますよね。

なので、家族や同じ副業をしている仲間には
ぜひ教えてあげて下さい。

せっかく副業で稼いでも水の泡になってしまいます。

家族でAmazonで購入だけしているという方にも、
大事な情報です。

本物のAmazon.co.jpからのメールと識別する方法

スポンサーリンク

Amazon.co.jp を装った詐欺メール(フィッシングメール)を受け取った際、
Eメールが本当にAmazon.co.jp から送られたものかどうかを識別するための方法がいくつかあります。

  • 注文していない商品の注文確認をする内容
  • Amazon.co.jp のアカウントにご登録のお名前やパスワード、その他個人情報を求める内容
  • お支払い情報の更新を求める内容
  • Amazon.co.jp のWebサイトではないサイトへのリンク。「http://××.amazon.co.jp」または「https://××.amazon.co.jp」で始まらないWebサイト
  • 添付ファイルやソフトウェアのインストールを求める内容
  • 誤字や文法の間違い
  • 送信元が、Amazon.co.jp やAmazon.com を装ったEメールアドレス

Amazon.co.jp で使用しているドメイン

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

Amazon公式サイト「Amazon.co.jpからのEメールかどうかの識別について」より引用

差出人や件名を確認してみてください。

もしフィッシングメールに騙されてしまったら。。。

先ほどの「Amazon.co.jpからのEメールかどうかの識別について」
にも対処法が書かれていますが、以下の通りです。

  1. パスワードを入力してしまった場合は、パスワードの再設定
  2. クレジットカード情報を入力してしまったり、Eメールでクレジットカード情報を送ってしまった場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡
  3. 信頼できる会社のウイルス除去ソフトウェアやアンチマルウェアソフトをインストールしてください
  4. お客様のコンピューターのすべてのプログラムについて、更新版を確認してインストールしてください
  5. 不要なEメールには決して返答しないでください

以上がAmazonのサポートに書かれている対処法です。

騙されないための対策は?

次の3点に注意しましょう。

・メールの中にあるURLをクリックしない
・ログインするときにはブックマークしている公式サイトから。
・重要なお知らせが来たときには、公式サイトも同時に確認する。

Amazon以外のサイトでも同じですが、
重要なメールがきたときには、公式サイトにも同じ内容が
書かれています。これを必ずチェックする習慣づけをしましょう。

またコンピューターには必ずセキュリティ対策ソフトを入れておきましょう。
副業であれど、いち事業主です。このあたりは、お客様のためもありますので、
しっかりと対策しておきましょうね。
怪しいサイトはブロックしてくれる機能がついているものもあります。

私の使っているものはMcAfeeですが、こちらは複数のパソコンに
インストールできる上に、スマホにもインストールできて
コストパフォーマンスは素晴らしいです。ただちょっと宣伝が多かったり
するので、メールなどは解除しておくと少しは軽減します。

こちらの記事も参考にしてください。わたしのもとには、paypal, Appleから
フィシングメールが届きました。パターンが認識できてくると思います。

▶  Apple アップルからのメール?このメールには注意!フィッシング詐欺!!
▶  coincheck ビットコイン リップル 詐欺 フィッシングメールにご注意を!

スポンサーリンク


-せどり転売, 中国輸入, 副業初心者, 在宅副業