朝活&早起き

知らなきゃ損!!同じ時間を過ごしても充実度が違う【時間密度】の話

2017/09/11

「時間がないっ!」って現代人なら、誰しも1日に何度と思うことではないでしょうか?

そんなときほど「朝活」が有効になってきますね。

なぜなら、朝は時間密度が濃くなります。

スポンサーリンク

朝の時間は密度が濃い

家族からあれこれ言われることもほとんどありませんし、
ご近所さまからの電話もなく、
他からの邪魔がほとんど入らない時間です。

そのため一旦集中し始めれば、ぐぐっと集中できる環境であり、
時間の密度が濃くなってきます。

私自身もこの朝の時間を活用するようになって、
随分と時間に余裕を持つことができるようになってきました。

子供が小さなうちは、夜は子供と一緒に布団に入り、
夜8時には、スヤスヤ寝はじめ起床時間は朝の3時でした。

子供が大きくなってからは、夜9時に寝て朝4時おき、
夜10時に寝て、朝5時起きなどと、

子どもの成長、夜子どもが起きている時間によって、
寝る時間、起きる時間は変わってきましたが、
必ず家族が起きるよりも前に起きて、朝活をすることに
決めていました。

 朝活を賢く活用!早起き主婦の子ども年齢別スケジュールを大公開!

朝の3時に起きていたときは、周りの友人たちには、
「そんなに早く起きてなにするのーー???」

などと言われていたりもしましたが、

朝の時間密度をあげるためのマイルール

スポンサーリンク

朝の早起きは、一旦その気持ち良さを味わってしまうと、
今度はやめるのがもったいなくなるぐらい気持ちがいいです。

冬は3時といえば、まだ星が瞬いている時間ですが、
朝起きて星空を見ながら宇宙と会話しているような時間は、
心が本当に静まる時間ですし、

春や夏や秋は、朝の澄んだ空気、凛と引き締まるような空気感が
本当に最高で、幸せ感をマックスにしてくれます。

他にも自分のやりたいこと、勉強したいこと、
副業などが最大限にできるのもこの朝活中でした。

この時間を有効に使うには、
自分だけの「マイルール」を設定してしまうのが、オススメです。

例えば、
「朝の30分間は自分の好きなことだけをやる!」
「朝はメールのチェックはしない!」
「朝は痩せるだけの時間に費やす。だからエクササイズをやる。」
「朝は感謝の時間。神社に行ってお参りする。」
「朝は子供たちの成長ブログ日記を書く時間」
「朝は節約、楽しい家族旅行について考え調べる時間」
「朝はバッチリ節約のために使う」
「朝は、プチ稼ぎをつくるため副業に使う」

などなど、「これはやらない」「これをやる」というものをあらかじめ決めておくと、
「時間密度」がさらにアップしてきます。

「脳みそ」をフル活用できるもの、
「幸福感」があがり、1日が気持ちよく過ごせるようなことが
オススメです。

メールのチェックをしたり、ネットサーフィンなどは、
1日が終わり、多少脳が疲れていたり、惰性でできるようなものは、
できれば朝にはもってこないで、昼食後や夜にもってきてしまいましょう。

1日にやるべきことを書き出して、
どの時間にやれば「時間密度」が濃くできるのか、

ということなども一度出してみるのもいいかもしれません。

食事をしたあとは、血糖値があがり誰でも眠くなったり、
集中力がなくなってきたりする現象があるように、

1日の中でも自分のパフォーマンスは、変化します。
「時間密度」を大きくすると考え、
最大限に時間を使えるように考えてみたらいかがでしょうか?

私の場合ですが、「時間密度」をあげるのに、朝活をしていたのもありますが、
「子どもがいるときにできるもの」
「子どもがいないときにできるもの」

という分類をして、育児と仕事を両立させていたりもしました。

「子どもがいるときには」洗濯や洗濯干し、掃除など。
「子どもがいないときには」パソコンでの仕事、片付けなど。

子どもがいるときには、子育ての面では、
「お母さんは家族のための暮らしを支えているんだよ」とメッセージとして
残るもの、「お母さん」っていうようなものが子どもの心に残るようなものを選んでいました。

時間密度をあげるという面では、
片付けなどのようにひとりのときにやれば、パッパとすんでしまうようなものを
ひとりだけのときにやり、子供がいるときに一緒に楽しめるなんていうものは、
子供がいるときに一緒にやっていました。

掃除をすることや洗濯などは子供と一緒でもできますし、
お料理なんかも一緒にやると楽しいですからね。

【関連記事】

朝活で節約効果10倍!朝活でできる7つの節約術

朝活に副業してみたら 私って意外と稼げる??

スポンサーリンク

 


-朝活&早起き