朝活&早起き

早起き、朝型生活には【朝活手帳】がオススメ!!

2017/09/11

幸せなお金持ちの方が朝によくやっている習慣を知っていますか?

あの引き寄せの法則で有名な「ザ・シークレット」ロンダ・バーン著にも書かれているものです。

朝活でその習慣を使ってみてはいかがでしょうか?
それは「感謝の力」を使う、「感謝の力」でパフォーマンスをあげていくということです。

スポンサーリンク

感情によって、パフォーマンスはあがったり、下がったりする

感情とパフォーマンスの関係は、実は大きく関係しているということが、
様々な研究によりはっきりとしてきています。

 

思考や感情は、精神的、肉体的に影響を与える特定の神経伝達物質の生産を刺激します。
例えばセロトニンやドーパミンは、わたしたちが幸福感を感じているときに、
脳から分泌される2種類の神経伝達物質です。

 

セロトニンは、精神を安定させる作用を担っています。
ドーパミンは、快楽を感じたり、向上心やモチベーション、記憶や学習能力、運動機能にも
関与している神経伝達物質です。

 

朝の「感謝の力」を使って、この神経伝達物質の強化をし、
パフォーマンスをあげていきましょう。

 

感謝の気持ちを毎朝手帳に書き込んでいく

スポンサーリンク

もしも、1日の始まりが「誰かへの感謝」で始まったり、
「生きていることへの感謝」ではじまったら、とても素敵だと
思いませんか?

 

感情は思考によって、変わってきます。
例え、今は「自分がネガティブで否定的だなあ」と思っていても、
もし、この毎朝手帳に感謝の気持ちを書き込んでいくということを
続けていけば、ネガティブで否定的な思考は減っていき、感謝へと気持ちが向かっていくでしょう。

 

ジョー・ビタリー博士いわく、
「人生を好転させるために、あなたは今、この瞬間に何ができるでしょうか?」
真っ先にできることは心から感謝できることの一覧表を作ることです。そうすると、
エネルギーや思考を転換することができます。この訓練をはじめるまでのあなたは、

 

自分の持っていないもの、不平不満、自分の問題ばかりに焦点をあわせていました。
ところがこの訓練をはじめると全てが好転します。あなたは、心地よく感じる
全てのことに感謝し始めるでしょう。

ザ・シークレットより引用

感謝の気持ち「ありがとう」を認識する

普段あなたはどれくらいの「ありがとう」を認識しているでしょうか?
ジェームス・レイさんは、いいます。

 

感謝するということは、私にとってとても強力な実習です。
私は毎朝目が覚めると『ありがとう』を言います。それから、自分が感謝しているものを
次々に思い浮かべます。歯磨きなど毎朝やることをしながら感謝するのです。

 

しかしそれは、習慣的に繰り返ししながら、機会的に感謝しているわけではありません。
そのときに感謝している対象を明確に意識し、心から感謝の気持ちを感じているのです」

 

ザ・シークレットより引用

 

私自身は、無印良品で販売されている赤いパスポートサイズほどの
ノートに朝起きてから感謝の気持ちを書き綴っています。
朝書いているだけで昨日あったこと、嬉しかったこと、
感謝したいことなど、普段生活してるだけでは見過ごしそうなことに、
もう一度焦点が向けられます。

 

「子供や旦那さまに言われて嬉しかったこと」
「1日の暮らしであったあんなこと、こんなこと」
「ここで、こんな節約ができて感謝」
「美味しいご飯が食べれて幸せーー。」とか。

 

きっと感謝することや幸せって毎日の生活の中でたくさん、たくさんあると思うのです。
朝起きたときに、そこに焦点を合わせてみるかどうかで、

 

人生の質もパフォーマンスもグーンとアップします。

いやだなーーって思うことがたくさんあるとき、
楽しみなことがたくさんあるとき、

 

どちらのほうが人生の質やパフォーマンスが高くなっていますか?
朝活手帳で、ぜひ人生の質、パフォーマンスをあげてみましょう。

【関連記事】

朝活でやってみる「お金が入ってくる魔法の呪文」

▶ 朝活はじめて10年目 早起き主婦のスケジュール

スポンサーリンク

 


-朝活&早起き