健康 朝活&早起き

目指せアンチエイジング 早起きとホルモンの関係

2017/05/14

スポンサーリンク

朝活で、「美」を目指すという方も多いのではないでしょうか?
女優さんみたいにきれいになれたら素敵ですよね。

究極の美とは?

「美しさ」はひとそれぞれだと思いますが、
わたしは、あるお医者さんの意見にすごく納得してしまいました。

それは、

「必ず美人になれる方法」それはずばり!!「健康になること」

なんだと思われた方もいると思いますが、なんとなく納得しませんか?

すごく痩せていても、お肌がボロボロだったり、
美人な顔をしていても、やたらと青白い顔をして覇気がなかったり、
太り過ぎてあちこち痛い。

とかなっていたら、なんとなく「美人」から離れていってしまう気がします。

(といっている私も貧血気味なので、美人目指します!!)

現代社会での健康維持は結構難しい

スポンサーリンク

現代社会に住んでいたら、健康でいることってよっぽど意識しないと
難しい気がしますよね。

冷房のガンガンきいている中で仕事をし、
コンビニや外食できるところはたくさん。
お惣菜だって、いっぱいそろっています。

夜は、なかなか寝れなかったり。。。

大きな病気をしていなくても、ちょっと体がだるかったり、
いつも手足が冷たくて、冷え性だったり、
肌荒れに悩んでいたり、
肩や腰がいつも凝っていたり。

病気ではないけど、こんな症状がいつもあるという方も多いのではないでしょうか?

そんな現代社会でも美人かつ健康になる方法が、
「朝活の時間」「朝の時間」にあるのです。

朝のちょっとした習慣が、美人になるための重要ポイントでもあるのです。

目指せアンチエイジング 朝活でホルモンの分泌を正常にする

健康を保ち、イキイキと生活するために重要な働きをしてくれるひとつが
「ホルモン」です。

ホルモンって聞いたことのある方がほとんどだと思いますが、

体のさまざまな働きを調整する化学物質です。
からだの外側と内側で環境の変化が起きても、体の働きが常に同じになるように
保つ働きをしてくれます。

ホルモンの分泌が正常に行われることで、
心と身体の健康バランスが保たれていくのです。

ホルモンの分泌の乱れや以上はそのままエネルギーの低下に直結してしまいます。

またホルモンは、加齢によってだんだんと減少してしまう性質がありますので、
このホルモンの減少をなるべく遅くして、より長くホルモンを保ち続けるというのが、
アンチエイジングの考え方です。

ここで朝活の出番です

ここで朝活の出番がやってきます。朝は副腎皮質ホルモンなど
活動性ホルモンの分泌が活発になり、

自律神経も体を緩めてしまう副交感神経から交感神経優位の状態にスイッチされる
時間です。

このスイッチを上手に行うには、
身体に朝日を浴びて、一杯の水を飲んでみましょう。

朝は、新陳代謝が高まり体内に溜まっている毒素を「排出」することができる貴重な時間です。
夜に寝ている間にドロドロになっている血液が、一杯のお水を飲むことによって、イキイキしはじめます。

私は、毎朝起きたら丁寧に歯を磨き、舌ごけをとり、
それから体調により、水を飲んだり白湯を飲んだりしています。

もう数年この朝起きたら、水or白湯を飲むというのを続けていますが、
飲んだあとすぐに便意をもよおし、朝イチからスッキリとすることがほとんどです。

また体に朝日を浴びることで、体内のホルモンの「メラトニン」の値が下がり、
スッキリと目覚めることができます。

まずは簡単な朝活ビューティーはこの2つだけ

朝活に慣れてきたら、次のアンチエイジングになること、
体にいいことを続けたらいいと思いますが、

まずは、この
・朝起きたら、朝日を体に浴びる
・朝起きたら水or白湯を飲む

ということを習慣にしてみてはいかがでしょうか?
「はじめは小さくコツコツと。そしてそれを続ける」

ということが習慣を作っていく上でとても大切なポイントになってきます。
朝活でビューティー美人に❤

スポンサーリンク


-健康, 朝活&早起き