時間術 朝活&早起き

つらい寒い冬の日の早起き、朝活をする工夫

2017/05/14

スポンサーリンク

早起きをしよう!朝活をしよう!って決めても気持ちのいい春や夏はいいですが、
冬はどうしたって布団の中にもぐっていたくなりますよね。

おまけに外もまだ暗いですし。。。

そんな冬の早起き、朝活について考えてみたいと思います。

寝るときに暖かい格好をして寝る

これは少し好みが別れてしまうと思うのですが、わたしの住んでいるところは、
冬は普通にマイナスの気温になりますので、朝起きるときも相当な寒さです。

普通にしていたら、まず起きても布団から出たくなくなるので、
ある一つの工夫をしました。

それが、「ダウンジャケット」を寝間着としてパジャマとしてきてしまう
ということでした。

これ、すごいんです!!それまでは朝起きると肩のあたりが、
スースーと寒い感じがして、布団の外も当然寒くて、
布団から出たくなくなるのですが、

このダウンジャケットを着ることによって、起きるときがとても
暖かくなり、布団から出るのがいやだという感覚がなくなったのです。

その時の、温度にもよりますがパジャマの上に何か暖かいものを
もう一枚羽織って寝るというのは、布団から出たくない!という気持ちを
減らすには、とても有効です。

暖房器具を起きる時間にタイマーセットしておく

スポンサーリンク

この暖房器具のタイマーセットができれば、先ほどのダウンジャケット
を着て寝るということは、必要ないと思いますが、

要するに、自分が起きれない原因を極力減らしていくのがポイントです。

寒くて、布団から出れないのでしたらあらかじめ部屋を暖めておく。

これは子どもにも結構有効に働いていまして、起きる前に少しお部屋を
暖めておいてあげると、自然に起きてきたり、起こしたあとにすぐに
起きてきたりします。

これを根性と気合いだけでやると結構精神的負担が大きい気がします。

優しく、優しくまるで赤い絨毯を歩くように自分を導く

昔、ある成功者の方からアドバイスを受けたのですが、

「みんな自分に厳しすぎるんだよ。
優しく、優しく赤い絨毯の上を歩くように気持ちよく、
自分を導いてあげるにはどうしたらいいか?」って考えるんだよ。

赤い絨毯というのは、よくドラマとかで偉い方が車から降りたときに、
通る道にひかれるあの赤い絨毯のことです。

なるほどな。って思いました。
自分自身をやさしく導いてあげる。

大好きな彼、彼女が「早起きしたい!」って言っている。
どんな風に優しく心地よく朝起こしてあげたいか?

そんな視点で自分のことを考えてあげると、
より良い方法が見つかります。

楽しみを見つけておく

もともと自分の時間がとりたくて朝早起きして朝活をしているという場合は、
それ自体がやりたいことなので、早起きするのが楽しみで早く起きてしまうことと
思います。

だけど副業をする!とか英会話する!とかお金のため、
自分の成長のために時間をつくると言った場合は、
ちょっと早起きのハードルがあがりますね。

そんなときには、朝やると決めたことがあったら、その前に何か少し楽しみを入れて
おきましょう。

少ない時間でいいんです。5分だけゆっくりお気に入りのお茶を飲んでもいいし、
好きな動画を見てもいいです。読書が好きなら15分だけは読書するとか、
漫画を読むとか。

少しだけ朝風呂するとか。

一人で美味しいお菓子食べちゃうとか。
(健康面はおまかせします)

これを続けたい!!って思うことと、やりたいことを
混ぜておくことをオススメします。

うちの子どもは普段はなかなか起きれなくても日曜日の朝だけは、
とっても早起きなんです。

なぜかというと、「ポケモン」が朝にあるからなんですね。
これは録画しておけばいいのにって思いますが、

本人は、リアルタイムで見たいんですよね。

やりたいことがあるって、こんなに力があるんですね!

ポケモンに負けないぐらいのやりたいことがあれば、
きっと毎朝起きれるはず!!

朝起きて、目標としてやりたいことと本心でやりたいことの
セットでぜひ早起きしてみてくださいね。

スポンサーリンク


-時間術, 朝活&早起き