健康 朝活&早起き

開脚ストレッチで開脚ベターッができた!!体験レポート

2017/05/14

スポンサーリンク

初めてこの本「ベターッと開脚できるようになるすごい方法
を書店で見つけたときには、すごい衝撃でした。
「どんなにかたい人でもベターッと開脚?!」

それにしてもこの写真の開脚すごすぎ。

いったいどんな方法なんだろう??
興味がものすごくわいてきました。

さっそく購入!


すぐさま、本を購入しさっそく初めてみました。
なんでもこの本の中のEikoさんは、自分もヨガインストラクターだったのに、
身体がかたいことがコンプレックスだったらしいのです。

それがこの本の表紙のように柔らかくなったんだそうです。
きっと本当にできるのか?!ていう方は多いと思うんです。

答えは・・・・

できますよ!!

1日10分でも続ければ。

You tube がわかりやすい!!

この本を購入して読んでいるうちにとてもワクワクとしてきました。
だって本の中には、60代や70代のおばあちゃんたちが、
ベターーッてやっている写真が載っているんです。


こんな感じです。

おばあちゃんたちにできるんだから、私にもできるはず!って
勇気をもらいましたネ。

子供たちやお友達も誘い、一緒にはじめました。
本だけでは、ちょっとわかりづらい部分もあったので、
You tube で本の著者の名前、「Eiko」と検索したら、出てきました!!

キレイな先生!!このプロポーションで49歳っていうから、
ますますやる気がでてきてしまいました。

これらの動画を見ながら一緒にやっていってみました。
初日はとってもはりきっていたので、動画を見ながら1時間ほどストレッチしたのですが、
それだけでとても柔らかくなりました。

今までは開脚をしようと思ったら股関節部分だけを伸ばそうとしていたのですが、
股関節、膝裏も大切なんですね!!

You tubeの動画はいろいろあるのですが、
私がEikoさんの動画で気に入っているのは、他にも

「キレイに痩せたい女性にお薦め!リンパを流すデトックスストレッチ!」
「女子向け!お尻の形を整えるヒップアップエクササイズ!」
「女子向け!腹筋連続50回でお腹引締め」です。

正直ヒップアップエクササイズと腹筋連続50回ははじめは、相当キツイです!

スポンサーリンク

お尻が本当につりそうになってしまいました。

だけど気持ちいい~~。朝活にぴったりです。適度な運動で身体も脳みそも
シャキーンとする感じがします。

あっ、ですがこれは開脚ベターとは関係のないエクササイズです。
動画の中で、個人的に興味があっただけです。
開脚ベターッの方のエクササイズはそれほどきつくないです。

2週間で肘が床につくようになった!!

この本ではこの写真のようなポーズができることが、開脚ができたという定義です。

ここまではなんと!!2週間で達成しました。
時間があるときには、朝、夜と2回やっていましたが、
基本は朝の1日10分だけ。

タオルを出してきてせっせとやっていたのですが、
意外に楽しかったです。

やっぱり時間の余裕があるときにやるのが、
一番よかったので、朝活として早起きしてやるのは、
オススメです。朝から身体が伸びてとても気持ちがいいです。

それと本もいいのですが、You tubeは本当にいいですね。
Eikoさんが身近にいて教えてくれているような感覚です。

私は、実は開脚よりも先に書いた「リンパを流す」だったり、
「ヒップアップ」「腹筋」などにより興味がいってしまったので、
こちらをYou tubeを見ながら、「いっち」「にーー」とやっています。

このEiko先生、おちゃめなことに「シチ(7)」を「ヒチ」と発音するので、
子供たちの間では、そこが大人気でした。

できないことができるようになる大きな経験

開脚ベターッをまじめに続けたのは1ヶ月の間でしたが、結構大きな自信になった気がします。
今はちょこちょこと気が向いたときにやりながら、キープしています。

40代になると「できないことができるようになる経験」って子どもより
全然少ないと思うんです。

だけど、この「開脚ベターッ」はそのできないことが目に見えてできるようになる。
はじめは、全然床につきそうにもなかったおでこが床につくようになる。

これって「できるようになって嬉しい!」「柔らかくなって嬉しい!」っていう
気持ちは、もちろんあるのですが、

やっぱりなんといっても「できないことができるようになる経験」
が大きかったです。大人になったらいくつそういう経験、達成感が持てるか
わかりませんが、もっともっとこんな経験ができたらなって思った、
朝活での開脚ベターでした。

身体もやわらかくなるととても気持ちがいいです。

スポンサーリンク


-健康, 朝活&早起き