ゼロ秒思考 在宅副業 時間術 朝活&早起き

朝活で 頭スッキリ ゼロ秒思考メモ書きを実践してみる

2017/05/14

スポンサーリンク

前回の続きです。前回まだお読みでない方は、こちらをどうぞ。

朝活で頭スッキリ ゼロ秒思考を身につける

前回のおさらいになりますが、
ゼロ秒思考とは、

瞬時に現状を認識し、
瞬時に課題を整理し、
瞬時に解決策を考え、
瞬時にどう動くのか意思決定できる思考です。

迷っている時間はゼロ。
思い悩んでいる時間もゼロ。

ゼロ秒思考を提唱しているのは、コンサルティング・ファームのマッキンゼーで14年間、
経営改革に携わってきた赤羽雄二氏です。

著書「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」の中で、ゼロ秒思考について述べています。

 

ゼロ秒思考をしてみましょう

用意するのは、A4用紙とボールペンだけです。
これにまずなんでもいいので、思い浮かぶタイトルを書いていきます。

本の中に実際に書いてある中から少し抜粋させてもらいます。

<仕事に関するタイトル>
・どうすれば仕事のスピードをあげられるか?
・仕事がうまくできるとき、できないとき
・どういうとき、仕事が中断してしまうのか?
・今日、明日でできること

<英語の勉強に関するタイトル>
・どうすれば毎日30分、英語の勉強が続けられるか?
・3000語をどう覚えればいいの?
・TOEIC向けの準備をどうするか?

<将来に関するタイトル>
・自分は本当は何がしたいのか?
・自分が本当に得意なことは何か?
・将来を意識しつつ、今最大の効果を出すには?

<読書に関するタイトル>
・どんな本を読みたいか?
・今後1年以内にどういう本を読むか?
・読書のスピードをあげるには?
・2日に1冊読むにはどうしたらいいか?

<時間の使い方に関するタイトル>
・来週までにすべきこと
・今月必ず実施すること
・仕事が早いひとはどうやって時間を短縮しているか?
・朝1時間早起きするには?

<健康管理に関するタイトル>
・体調管理をするには?
・風邪をひかないようにする工夫
・朝の目覚めをすっきりさせるためには?
・何時に寝て、何時に起きるのが効率的か?

<プライベートに関するタイトル>
・どうやって、彼(彼女)とのやりとりをスムーズにするか?
・うまく悩みをきいてあげるにはどうするか?
・仕事とプライベートを両立させるには?

本には、もっとたくさんのタイトルがありますが、
頭に浮かぶ言葉そのものをタイトルにしていきます。
むずかしく考えずに書いていきます。

ただただ頭に浮かんだタイトルをそのままA4用紙の上に書いていきます。
このような感じです。

出典:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングより

メモはタイトル、4~6行の本文、日付の全てを1分以内に書きます。
余計な事を考えずに、感じたままに書いていきます。
難しいことは、考えずに構成も考えずに、ふと思い浮かんだままに書いていきます。

はじめは1~2行しか書けない方でもどんどんかけようになってきます。
頭の中を常に整理しておくには、4行から6行まで書くのがいいです。

メモは毎日10ページ書く

スポンサーリンク

10ページというとなにやらとても大変そうですが、
実際にやってみると、15分ぐらいで終わります。
1ページに書くのに1分ですので。

スマホにあるタイマーを使ってやっているのですが、
1分が長く感じるときもあれば、短く感じることもあります。

慣れてくると、頭の中からどんどん文章がでてきます。

メモを書き続けると驚くほどスッキリとしてきます。
これは、やってみないとわからないのですが、とにかく思考が
すっきりとします。

仕事での行き詰まりの時、また絶好調のとき、
家族の不調和があるとき、
子どものことで悩んだ時など、

あらゆる場面で使えます。

(参考図書:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

時間がなくて、本が読めないと言う方は、
こちらで聴ける「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」がオススメです。

これはオーディオブックと言って、本を全て読み上げてくれています。
2倍速の音声でも聴くことができるので、本が読めると同時に脳のトレーニングにもなります。

ドライブしながら、ウオーキングしながら、お料理しながら、本が読めてしまいますよ。
▶ 朝活読書術 時間がない!本が苦手!という方は「オーディオブック Febe」で解決!

スポンサーリンク


-ゼロ秒思考, 在宅副業, 時間術, 朝活&早起き