オーディオブック 時間術

オーディオブック Audible VS FeBe 比較 どっちを選ぶ?

スポンサーリンク

日本で有名なオーディオブックは、Amazonが提供している「Audible(オーディブル)」そして、もう一つに国内最大取扱いのある「Febe(フィービー)」というものがあります。

どちらを使ったほうがいいのか検証してみました。

AudibleとFebe比較

時間のないサラリーマンや主婦でも読書ができるというコンセプトである「オーディオブック」ものすごく便利ですね。

ドライブしながら、通勤電車の中で、洗濯物を干しながら、食事を作りながら、

小説が読めてしまったり、英語が聞けたり、ビジネス書を読めたりするのだから素晴らしいものです。

すでにはじめている方でもこれから耳読書をしたいという方でも気になるのが、

どこでオーディオブックを入手したらいいの?ということでしょう。

冒頭にも書きましたが、日本では現在「Audible」と「Febe」という会社が主にこのオーディオブックのサービスを提供しています。

2つの違いはいろいろとありますが、まとめてみます。

【Audible】

・月1500円の定額で聴き放題(2017年5月現在Amazonプライム会員であれば、3ヶ月無料で聴き放題です)

・アプリで再生(3倍速まで可能)

・Webサイト+アプリから購入可能

【Febe】

・オーディオブックとして1冊ずつ購入、プレミアム会員、プラチナ会員になることで、月額980円から1冊無料で購入可能

・アプリで再生、MP3をダウンロードして聞ける

・CDに焼くこともできる

・Webサイトから購入

ざっと書くとこんなところが違います。

Audibleなら、月々1500円で(Amazonプライム会員なら3ヶ月間無料)、Febeなら月に980円を最初に支払ってしまえば、両方共試してみることができます。

どちらも手続きはとても簡単で、それぞれのページに新規登録すればすぐに使い始められます。

設定は10分とかからず終わってしまいました。

▶ Audible (オーディブル) 会員登録はこちらから
▶ Febeの登録はこちらから

実際に使ってみると、、、

スポンサーリンク

実際に使ってみると、どっちがどっちとも言えないんです。正直なところ。

それぞれに良さがあったり、欠点があったりします。

一番は、どういうところかといいますと、

自分の読みたい本がそこにあるかどうか?

という点です。

そりゃあそうですよね。読みたい本を聴きたいじゃないですかあ。

なので、はじめは自分はこれが読みたい!聴きたい!!という本をどちらのサイトでも探すことをオススメします。

そして、その本があったほうを先に使ってみたらいいと思います。

コンテンツの量が多くても自分の読みたい本がなかったら困りますもんね。

ちなみに、

  • ビジネス書・実用書は圧倒的にFebeが強い。特に、売れ筋の新刊をオーディオブックにする力はFebeの方が強いです。
  • Audibleは古典や近現代文学の品揃えが結構しっかりしている。ただ、新作や売れ筋系の文学書は少ないので、そういったオーディオブックが聴きたいときはFebeがおススメですね。英語はAudibleのほうが多いです。

オーディオブック選び オススメの方法

先ほど書いたようにまずは両方共会員になって、実際に何冊か本を読んでみるのがオススメです。

1500円(Audible)+ 980円(Febe)なので、2480円自己投資すれば、結構な数の本が聴くことができます。

最近はAudibleもだいぶ良くなってきましたので、以前はAudibleで聴いてたけど、もう止めたよという人は、ぜひもう一度聴いてみてくださいね。

その上で、アプリの具合や、音声の速度、自分の求めている本のコンテンツの量など試してみたらいいと思います。

Audibleは今ならAmazonプライム会員限定で3ヶ月間の無料期間があるので、Amazonプライム会員の方はぜひ試してみて下さい!!

結構な量の本がかけるので、オススメです。

Febeのいいところは、

  • オーディオブックをMP3でダウンロード出来るので、スマホ以外にもPCや音楽プレイヤーでも聴けるし、CDに焼けばCDプレイヤーやカーオーディオでも聴ける
  • 購入モデルなので、一度購入したオーディオブックは特に期限無く聴くことが可能。買わない月は費用が発生しない。(プレミアム会員、プラチナ会員は別です)

Audibleのいいところは、

  • ライブラリへのオーディオブック追加をアプリとWebの両方から行える
  • 定額聴き放題なので、気になるオーディオブックを気軽にライブラリに追加して試し聴きができる

というところですね。ただ、会員をやめてしまうと手元に音声は残りません。

私は、ざざっと気になるものはAudibleでどんどんと聴いてしまい(もちろん3倍速で)、本当に気に入ったものだけ

手元に残して置いておけるようにFebeより購入しています。

以上 AudibleとFebeを比較してみましたが、どちらも一長一短ありますので、最後はお好みで決めてみてください!!

スポンサーリンク


-オーディオブック, 時間術