仮想通貨 在宅副業

coincheck(コインチェック)個人口座開設の方法 はじめての方でも簡単!3分で完了!

2017/05/24

スポンサーリンク

実際に仮想通貨に両替をする準備をしてみましょう。
いざ何かあったときにすぐにビットコインなどの仮想通貨を両替したいときに便利なので、
開設だけでも済ませておきましょう。

coincheck(コインチェック)の開設方法を案内しますね。

coincheck(コインチェック)の開設のやり方

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

まず、用意するものは免許証やパスポートなどの身分証明書です。
これらの表、裏、自分がそれらを持っている写真をそれぞれ準備しておきます。

上の画像をクリックするか、下記からcoincheckのページにとびます。

>>>簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck<<<

赤丸で囲ってある『新規登録』をクリックします。
Facebookで登録する場合は、『Facebookで10秒で登録』をクリックしてください。

すると次に、このようなページになりますので、

メールアドレスとパスワードを入力してください。
パスワードは、忘れないようにどこかにメモしておいてくださいね。

会社法人以外の方は、『個人として登録』を選んでください。

登録したメールアドレスにメールが届くので、
メールをチェックし、リンクアドレスをクリックします。

ログインアカウントが作成できたら、実際にログインをし、個人口座の設定を
進めていきます。

画面上のように右側にある『設定』をクリックします。

設定画面になったら、まずは電話番号認証の手続きを行いましょう。

①の『電話番号認証』をクリックします。

すると上記のような画面がでてきますので、
普段使っている携帯電話の電話番号を入力し、
【SMSを送信する】をクリックし、認証コードの請求をしましょう。

すると携帯電話のSMS(ショートメール)に認証コードが記載されていますので、
そのコードを画像③に入力し、【承認する】をクリックします。

認証コードがあっていれば登録完了です。

次に、本人確認を行います。

 

『本人確認』を設定するので、「本人確認」をクリックします。

種別 「個人」にチェックをします。

そしてその下の居住国、氏名、カナ氏名、性別、生年月日、住所など
各種個人情報を記載していきます。

そして、本人確認のための写真を3つアップロードします。

免許証 表、裏、 免許証または顔写真が判るパスポートのページと一緒に
撮った写真をアップロードします。

見本の写真があるので、同じように撮ります。

個人口座開設の本人確認用に使えるのは、次のものです。
(氏名、住所の記載があるものに限ります)

・旅券(パスポート)
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明証(永住者もしくは特殊永住者に限る)
・運転免許証(裏面に記載のある場合は、裏面も必要)
・官公庁や特殊法人等が発券した身分証明書で写真付きのもの

免許証またはパスポートと一緒に撮影する
本人の顔認証は、免許証やパスポートの文字が隠れていたり、
はっきりと写っていないと、認証されずもう一度やり直しになってしまうので、

免許証やパスポートがくっきりと写るようにしましょう。

スポンサーリンク

口座開設の手続き書類の確認が済めば、本人確認が完了したメールが、
数時間~遅くても翌営業日には届きます。

そこで口座開設完了です。
あとは、両替したい仮想通貨に両替できます。

私が口座開設をしたときは、やはり免許証をもった写真がぼやけて
いたようで、やり直しとなってしまいました。

時間も手間もかかってしまうので、しっかりとした写真を
撮ってアップロードしましょうね!

お疲れ様でした~~☆☆

仮想通貨に関しての記事です。

▶  21世紀の錬金術と時間貯金の大事なお話

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク


-仮想通貨, 在宅副業