D9 club

D9 club 被害者の会についての最新情報をお伝えします

2017/10/11

平均月間利益率200%以上の<新感覚収益装置>が期間限定(10月17日)まで完全無料でお使いいただけます。

→ 新感覚収益装置LINE@ICシステム
この新感覚収益装置"LINE@ICシステム"はなんと『平均月間利益率200%以上』『15ヶ月連続黒字達成』『平均資産増加率492%』という、まさに"お化けツール"です。

期間限定なので急いでダウンロードしてください。

D9の最新情報はこちらからご覧ください。⇒ D9club 最新情報

スポンサーリンク

D9clubですが、6月8日にカルロスさんからの着金滞納問題の解決方法のメッセージを受けてからの最近のメッセージが届いたので、シェアさせていただきます。

 

D9clubの行方が気になっている方の参考になれば幸いです。大部分の方はアップラインの方からのメッセージが届いていると思うので大丈夫だと思うのですが、仮に届いていない(涙)という方など入れば、参考にしてみてください。そしてここではD9とは関係ない方も見られるブログという性質上シェアできないこともでてくることもあると思いますので、紹介者の方や、アップラインで連絡をとれる方がいれば、情報を回してもらうように連絡をとってみてくださいね。

 

メッセージの中にもありますが申請は6月21日からの8月21日までの【60日間のみ】だそうです。【60日間】過ぎてからの申請は【一切できない】とのことなので、この点に関しては気をつけてください。

重要連絡です。

スポンサーリンク

重要連絡。

6月8日にカルロスから着金滞納問題の解決方法の報告を受けて、D9のウィズドロー、着金滞納問題について、今後の解決策について私から皆様に報告させて頂きました。

翌日の6月9日に、D9のデニーロ会長から、ユーチューブにて、滞納のお詫びとシステム改善に40日(7月19日迄)必要で、システム改善が完了したら、新たなシステムをスタートさせてウィズドローも出来るようにします、というニュアンスの動画が世界中に配信されました。

ここまでの流れが、現在の最新情報です。

 

デニーロ会長のコメントの中に、40日のシステム改善中でも、ウィズドローの滞納者には遅れながらでも着金出来るように努力はしていきます、とコメントしてます。

イタリアの一部の会員には、5月22日の滞納分の着金が【リアルに着金した】と報告されていますから、日本の滞納支払も可能性はあると信じたい気持ちもあります。

下記がイタリアで着金した情報リンクです。カルロスに確認したら、確かに一部の会員には着金している事実はあるそうです。

https://twitter.com/meemama1127/status/876330727557562368

上記の明るい事実もありますが、日本においては、5月22日のウィズドローから【誰一人として着金が無い】のも事実ですから、カルロスを含む、【日本のD9トップリーダー】が、日本全国の【D9会員を守る為】に、下記の具体的な【解決策を実行】します。

【解決策 ステップ 1】

まず、D9JAPANの会員を守る為に、【ウィズドロー滞納請求サイト】を作りました。

【ウィズドロー滞納請求サイト】

d9alliance.com

上記サイトにメールとパスワードを入力して、指示に従って入力して申請下さい。

【サイトから申請する場合の注意事項】

必ずD9のバックオフィスのウィズドロー画面をキャプチャして、自分が支払したD9ドルが明記されているキャプチャ、実際にウィズドロー申請していて、着金していないウィズドロー申請画面のキャプチャを、サイトに添付してウィズドローの滞納請求依頼を完了して下さい。

申請方法が分からない会員も出てくるかと思いますので、また改めて、サイトからの申請方法を分かりやすく纏めた文章を作成して案内させて頂きます。

【重要連絡】

会員からの滞納請求の申請受付は、本日6月21日から、【60日間限定】で申請を受付致します。

申請受付の〆切は、2017年【8月21日】になります。

申請期間の60日を過ぎてからの申請には、【一切受付出来ません】のでウィズドローの滞納請求を希望する会員は必ず期限を守り申請下さい。

60日の設定期限の理由は、弁護士の先生の意見で、30日ではサイト申請方法が分からない方や仕事が忙しく手続きする暇が無い方々も多数いる為、【期間に余裕を持たせて】希望者全員がスムーズに滞納請求を完了する為にある程度余裕を持たせる為に長めに設定させて頂きましました。

今後の具体的な流れは?

我々トップリーダーが国際弁護士に、いきなり損害賠償の裁判ではなく、先ずは【和解交渉】から依頼して、【滞納者の署名】を上記サイトから集めて、直接デニーロ会長の顧問弁護士に先ずは、【滞納分の返金の和解交渉】をします。

注意事項は、デニーロ会長に、いきなり損害賠償の、【裁判を起こす訳ではない】という事です。

先ずは、弁護士と弁護士で【和解交渉】から始めるというスタンスになります。

和解交渉して返金された場合の金額は、返金を【一番優先される会員】は、2017年の三月、四月、五月に新規にD9契約して、まだ、【一度も着金してなく全く元本回収出来ていない会員】になります。

次に、三月以前から登録しているが、複利運用していて、ウィズドロー申請をしていなく、同じく全く元本回収が出来ていない会員の方々に対して、最優先に返金するよう考えています。

元本回収済みだが、ウィズドローしたD9ドルが未着金の会員は、上記の元本回収が全く出来てない方々が元本回収出来た場合、【次の返金対象】になる予定だと言う事を予めご了承下さい。

【解決策 ステップ2】

上記の滞納者の署名をデニーロ会長に提出して、【返金に応じず、全く誠意ある対応が無い】場合は、我々が依頼している弁護士を通じて、デニーロ会長に対して、【損害賠償請求の裁判】を起こします。

既に、ブラジルのカルロスのグループのトップリーダーであるリカルドは、既にブラジルのD9会員の、【被害者の会】を立ち上げて、【13万人の署名】を集めて、D9本社及びデニーロ会長に対して、和解交渉では無く、【損害賠償の裁判】を既に起こしています。

その裁判の話題は【ブラジルのニュース番組】でも大きく取り上げられました。

重要認識

今回の弁護士による、【和解交渉費用】や、和解が成立しない場合の、【損害賠償の裁判費用】の全ては、【D9のトップリーダー有志が全額負担】しますので、日本のD9の会員の皆様の負担する金額は、【一切ありませんのでご安心下さい】我々トップリーダーの【最大の目的】は、契約後未だ一回もウィズドローの着金がなく不安になっている方々を守り、皆様の代わりに弁護士を通じて和解交渉して、滞納中のウィズドローを先ずは着金してもらう為の【交渉を実行する事】が最大の使命になります。

【依頼する弁護士事務所の情報について】
ステップ1の和解交渉の段階では、大変申し訳無いのですが、我々が依頼する弁護士事務所の情報は控えさせて頂きます。

理由は、弁護士の名前や事務所の情報を開示した場合、全国から様々な問合せがや相談電話が鳴り止まない状況になる可能性がありますから、弁護士事務所の通常の業務に支障を来たす可能性が高くなり、最大の目的である和解交渉がスムーズにいかなくなる可能性があります。

ご理解ご協力お願い致します。

和解交渉が決裂して、損害賠償の裁判になる場合は、皆様に弁護士の名前と弁護士事務所の情報は公開させて頂きますのでご安心下さい。

最後に、大変申し訳無いのですが、上記の件に対する質問等はなるべくご遠慮頂けたら幸いです。

理由は、私には1日に多い日は、ラインの問合せが【1000件を超える日】もあります、大変申し訳無いのですが一人、一人に対して【物理的に返答出来ないのが実情】です。

随時新たな動きや決定事項はアクティブに報告させて頂きますのでご理解ご協力お願い致します。

 

今回の件に関して想うこと

今回、D9clubがこのような形で進行していて感じることはいろいろとあります。

私自身はとっても信頼している方からの紹介でしたので普段は手を出さないようなMLMシステムというビジネス形態をとっているD9clubをはじめました。

ただ、自分では確証がもてなかったために誰にも紹介はしませんでしたが。。。

 

親などには収益がでたら、そのうちの何割かを仕送りしようかと考えていました。

ある程度貯まってきたら、それで親も購入すればいいかと。その希望の前に着金も途絶えてしまいましたが。。。

 

今、自分でD9にビットコインを送金したときの記録を見ると2.5BTC送っていたんですよね。

「これって今だったらすでに70万円になってる!!」と軽いショックを受けてます。

もし、「D9に預けずにそのままビットコインで持っていたら」

「もしくはイーサリアムで持っていたら今頃。。。。」なんて考えてしまいます。

 

ちなみに、もし仮に12月の時点でこの2つのコインに変えていれば、今頃は、、、、

こちらの記事をみてください。めっちゃ悔しい気持ちが湧き上がってきますので(笑)

ビットコイン、イーサリアム、リップルなど軒並み大暴騰のワケは?

まだビットコインが1BTC20万円ぐらい、イーサリアムが1万円代の時に書いた記事です。

今は、これよりもまだ値上がりしており、1BTC 30万円、イーサリアム 4万円超えです。

D9に入れずに、イーサリアムを購入していれば、、、、ということは、ここでは私の、そしてみなさまの悔しさを煽るだけになってしまうので、計算結果は書きません。

 

きっと今回いろんな心境の方がいらっしゃるのだと思います。

D9の英語サイトには、98口分も購入したという方もいました。

イケると思い、何口も購入された方もいると思います。

はじめて仮想通貨に触れたという方もいると思います。

「失敗した!!」って思いますよね。

私自身も今回のこの件で、自分なりに感じたことや学んだことをノートにまとめてみました。

その中のひとつは、「人生きっとよくなる!!」って再確認できたこと、そして仮想通貨にしろ、ビジネスにしろもっと勉強して自分自身のスキルをあげようと再確認したことです。その一部はこちらの記事にまとめてみました。

▶ D9 club 最新情報、出金できないを読んで気分がブルーな方へ

 

私自身もスクショをとったりなどできることは進めながらも、「たら」「れば」はやめて、前を向いて歩こうと思います!!

もちろん気持ち的に解消されていない面もありますが、こうやって気持ちをシェアできて、ひとりひとりが孤独にならずに元気を出して、次に迎えたらいいなっていうのが、一番の今の気持ちです。(もちろん悔しいですよーー。ただ、今の時点でははっきりと終わったというわけではないので、システムが変更し、着金するのを待っています。)

 

そしてやっぱり思うのは、こういう仮想通貨などの投資も余裕資金の範囲内でやること、そして投資とビジネスの両輪を回しながらやることが大事だなと。

またシェアできる範囲のものはシェアしたいと思いますが、メッセージ内にある弁護士さんの名前やD9内だけの連絡などはシェアできませんので、くれぐれもアップラインの方に確認をとっておいてください。では、今日もあなたにとっていい日でありますように。

【関連記事】

▶ 月に20万円稼げるアフィリエイトブログはどうやってつくるの?

▶ D9 club 最新情報 出金停止、着金滞納問題について スクショ やり方あり

スポンサーリンク

 

 

 

 

 


-D9 club