仮想通貨

仮想通貨の表記や記号ややこしいですよね!呼び方など一覧にまとめてみました。

スポンサーリンク

仮想通貨、ビットコイン、イーサリアム、リップルぐらいまでなら聞いたことあるけど、、、って言う方も多いと思います。

まだカタカナで書かれるのなら、覚えやすいのですが、

これがBTC,ETH,XRPなんてなってくると、化学式かあーー!!って仮想通貨初心者の方は、ツッコミ入れたくなりますよね。

コインチェックならまだ読みやすいアルファベットで書かれているのでいいのですが、ポロニエクスや海外の取引所に置いては、記号だけなんていうところも多いので、記号をしっかりと覚えておきたい場面もありますよね。

ということで、一覧にまとめてみました。

仮想通貨のコイン表記一覧です。

自分が主要的に扱うコイン以外は、まあ、ざっくばらんに覚えておいたらいいですね。
私もいくつかの通貨を扱うようになってから、「あれっ?この通貨なんだっけ?」と自分で書いたメモ帳を見直すこともあります。

どこかに書いておくと、いざ購入したいときや売買したいときに便利です。

コインチェックで扱っている通貨

それでは、まずは日本で代表的なコインチェックで扱いのある通貨からいってみます。

私自身は、ビットフライヤー(bitFlyer)よりもコインチェック(coincheck)を使っています。

▶ ビットフライヤーからコインチェックユーザーに変更した理由

それでは、コインチェックで扱っている仮想通貨の表記です。

引用:コインチェック(coincheck)

・ビットコイン (Bitcoin) BTC
・イーサリアム(Ethereum) ETH
・イーサリアムクラシック(Ethereum Classic) ETC
・リスク (Lisk)LSK
・ファクトム(Factom)FCT
・モネロ (Monero) XMR
・オーガー(Augur) REP
・リップル (Ripple) XRP
・ジーキャッシュ (Zcash) ZEC
・ネム (NEM)XEM
・ライトコイン(Litecoin) LTC
・ダッシュ(Dash) DASH
・ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash) BCH
・ダオ(Dao) DAO

これで、大丈夫でしょうか?
単語的に難しいと言えば、リップルでしょうか?Ripならわかりやすいですが、XRPですもんね!

オーガーREPも単語のローマ字表記とは、結びつかないので、ちょっとややこしいですね。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)

やイーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)などもちょっとした注意が必要ですね。

ただ、今は価格に大きく開きがあるので、間違えないとは思いますが。。。

スポンサーリンク

ポロニエクス(Poloniex)で扱いのある通貨

それでは、次にPoloniexで使用されているものも見てみましょう!!

ポロニエクスは、今年になってから認知度をあげた仮想通貨の取引所です。

こんなロゴがありますね!!

 

・ビットシェアーズ (BitShares) BTS
・ストラティス (Stratis) STRAT
・バイトコイン(Bytecoin) BTS
・ドージーコイン(DOGE)
・ゴーレム(Golem) GNT
・シアコイン(Siacoin) SC
・グノーシス(Gnosis) GNO
・デジバイト(DigByteru) DGB
・オムニ(Omni) OMNI

まだまだ多数あり!!

自分の扱っているコインを順々に覚えていきましょう!!

【関連記事】

▶ 仮想通貨とは?初めての人でもわかる簡単解説

▶ お金の性質と秘密を知って、金運アップ【10倍速】

スポンサーリンク

 


-仮想通貨