仮想通貨 在宅副業

ビットコインの取引高が1年3ヶ月で320倍?!最近ニュース多いですね!

2017/05/24

スポンサーリンク

ロイターニュースでこんな話が話題になりました。

仮想通貨は差し押さえの対象にできない穴があった、と。

取引高が1年3ヶ月で320倍!!

どういうことかというと、破産の危機に陥った個人が、財産を仮想通貨に替ええれば、
財産を防衛できるという法的な「穴」が存在し、それがグローバルな課題となっていると。

こちらのニュースでです。
http://jp.reuters.com/article/virtualcurrency-loophole-idJPKBN1620ET

国内最大のビットコイン取引所「bitFlyer」の登録ユーザー数は、
2016年12月に40万人を突破。月間取引量は、
今年1月に3200億円を超えたそうです。

2015年10月に取引量が10億円を突破してから、
実に1年3ヶ月で取引量が320倍に触れ上がったとのことです。

現在の法律で国が差し押さえをできるのは、
銀行預金や給与、不動産、自家用車と言った財産で、
仮想通貨はまだ法律には明記されていないと。

(ロイターニュースより)

注目すべき点は、仮想通貨に関する法律ができるということ

スポンサーリンク

このニュースにおいて考えておきたいことですが、
これだけニュースでも広まってきていて、法律までつくる
ということは、仮想通貨は間違いなくこれから広がってくる。

という点ですね。これからしぼみどうでもいいものに、
わざわざ法律など作らないですよね。

ますます広がっていく可能性が高く、価値のあがってくるものだから、
法律も整備していかなくてはいけない。そんな風に考えています。

2017年3月現在ですが、ビットコインは再び14万円台を突破してきました。
2016年11月時点では、まだ8万円台でしたので、1.5倍以上に増えています。
もし8万円でビットコインに両替しておいたとしても、
たった4ヶ月ほどで、6万円増えているわけです。

2017年に入ってからは、11万円付近でしたので、
このとき、購入しても3万円増えています。

そのビットコインがこれからまた「一気に跳ね上がる!」とも言われています。

一気に跳ね上がるときがどんなときかといいますと、
暗号通貨(仮想通貨)ビットコインが、
一般生活で使える場所が増えたときや

中国人の投資先として注目を集めたときと言われています。
そのときには、かつてないほどのビッグウエーブが訪れると。

専門家の方もビットコインの利便性を世界中のひとが目の当たりにしたときに、
(実際私も使ってますが、便利です!)
ビットコインはかつてないほど高騰すると言っていますね。

世界的なECサイトであるAmazonなどの巨大サイトでも
ビットコインが取り入れられるのが時間の問題とも言われていますので。

高騰がある前に少しぐらいはビットコインを持っておくと楽しみですね。
宝くじを購入するよりは、よっぽどお金を得れる確率は高いかもしれません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

私は現在2つの取引所を使っています。
ひとつはbitFlyerです。
こちらは、現在ビットコインの取引量がナンバーワンです。
開設するのも簡単ですし、取引も慣れてくれば簡単です。

もうひとつは、 coincheck ですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

どちらも簡単に登録できますので、ちょっとしたおこづかいだけでも
ビットコインに両替しておいてもいいかもしれません。

仮想通貨に関しては、本もたくさん出てきていますので、
プチ収入の収入源になるようにぜひ読んでみてくださいね。

オススメは、こちらです。

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

なぜ今、仮想通貨なのか、そして今後どうなっていくのか、
「超整理法」で有名な野口さんの著書です。

新しい次代の幕開けにワクワクしますね!

 

仮想通貨に関しての記事です。

▶  21世紀の錬金術と時間貯金の大事なお話

スポンサーリンク


-仮想通貨, 在宅副業