シンプルライフ

親子で楽しむお月見タイム 2017年のお月見はいつ?

スポンサーリンク

「お月見」っていい言葉の響きですよね。
夜にチンチロリンと虫の音が聞こえてくる季節になってきました。

田舎暮らしで、自然の中で暮らしていると夜にお月様をみたり、星を見たりする機会は毎日のようにありますが、やっぱり「お月見」は特別です。

シンプルライフをしているからこそ、こういった自然に関わる行事は大切にしたいなって思います。

月を見ながら家族で語らう時間なんて現代では貴重な気さえしてしまいます。

日常を忘れ、月に祈りを捧げる時間はいかがでしょうか?

2017年のお月見はいつなの?

お月見とは旧暦の8月15日にお月様を鑑賞する行事のことです。

この日を「中秋の名月(十五夜)」と読んでおり、お団子やおもち、ススキ、里芋などをお供えして月を眺め、祈りを捧げます。

ここで気になりませんか?

そうなんです。旧暦の8月15日がいつも満月とは限らないのです。

中秋の名月とは、”秋の真ん中にでる満月”の意味です。

旧暦では、

1月から3月までが 「春」
4月から6月までが「夏」
7月から9月までが「秋」
10月から12月までが「冬」

となっているので、ちょうど「秋」の真ん中である8月15日が「中秋の名月」と呼ばれるようになったのですね。

現代では、月の満ち欠けを基準にした旧暦ではなく、

太陽の動きを基準にしている新暦なので、1ヶ月程度のズレが生じます。

 

現代では、9月7日から10月8日の間に訪れる満月(または満月に近い日)が
「十五夜」「中秋の名月」となります。

 

それでは今年のお月見をする中秋の名月はいつでしょうか?

それはズバリ!!

2017年10月4日(水)です!!

ただ、カレンダーで確認するとこの日は満月ではありませんね。

満月を愛でたい方は、10月6日(金)です。

親子でゆったりと時間がとれる日にちを選んだらいいと思います。

親子で楽しめるための工夫は?

スポンサーリンク

さて、さてそれでは次に親子でお月見を楽しめる工夫をしていきましょう。
準備からかたづけまで一緒に楽しめたらいいですよね。

月見団子を一緒につくりましょう!

何と言っても、お子様が楽しみにしているのはお団子ではないでしょうか?

「花より団子」ならぬ「月より団子」です。

お子様でも簡単にコネコネし、丸められるので簡単です。

クックパッドで探したのですが、こちらのレシピが子どもたちに人気がありそうです。

レシピ:「基本の月見団子、食べる時はみたらし団子で」

出典:https://cookpad.com/recipe/3425675

ただの団子ですと食べるときには味気ないと思いますが、こちらのレシピですと、みたらし団子で食べられるので、子どもも好きそうです。

材料は、15個分で

だんご粉 150g
ぬるま湯  150cc

【みたらし】

醤油 大さじ2
砂糖  大さじ4
みりん 大さじ2
片栗粉 大さじ1
水 100cc

です。

こちらのクックパッドのページに詳しく、細かい写真入りで作り方を書いてくれていますので、参考になさってください。

▶ 基本の月見団子、食べる時はみたらし団子でレシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/3425675

このように細かい手順を写真入りで書いてくれています。

お子様と楽しんで下さいね!!

お月見にちなんだお話を聞かせてあげましょう!

お月見にちなんだ話といえば、、、、

「かぐや姫」や「月の中のうさぎ」などが定番ですね。

定番のお話もいいのですが、ここはシンプルライフ精神で。

せっかくなので、「食育」にもなるようなお話を聞かせてあげたいです。

いろいろと調べてみたのですが、

お月見がはじまったのは、実は平安時代の頃からだそうです。結構長い歴史ですね。

ちょっとびっくりなのですが、昔は今のようにお団子ではなく、里芋やイモ類をお供えしていたそうです。

「十五夜」は別名「芋名月」って呼ばれていたりもするそうです。

なぜ?芋?

と思いますが、

お月見の本来の目的は、その年にとれた作物に感謝をするためだったのだそうです。

なので、芋だけでなく他の野菜や果物を飾る地域もあるようです。

ぶどうなどのようにツルのあるものは、月と人との結びつきを強くしてくれるという意味で、縁起がよいとされているようですね。

お団子を食べると幸せになるそうなので、そんなお話をしながらお団子を食べるのもいいですね。

まさに10月はお米も収穫シーズンであり、多くの野菜や果物も収穫できるときですものね。

日頃食べている食べ物に感謝をしたいです。

ススキを探そう!!

ススキ、子供の頃はよく学校帰りの道端でとっては友達にこちょこちょしたり、ほうきがわりにして遊んだものです。

秋の名物ですね。秋風に揺れるススキは見ていて気持ちがいいです。

田舎に住んでいると今でもたくさんみかけますが、都会ではいかがでしょうか?

ススキ探しもお子様と一緒にすると楽しいと思います。

お月見の時にススキを飾るのは、ススキが稲穂に似ているからですね。

魔除けにも使えるようなので、お月見で使ったあとは玄関などに飾ってみてはいかがでしょうか?

ゆったりとした時間を思う存分楽しみましょう

お月見は夏の暑さが終わり、ちょうどホッとしているとき。

まだ寒くもなくちょうどいい季節ですね。

そんな季節に「お月見」をするなんて昔の人は粋だなって思います。

きっとこの記事を読まれている方は、「お月見」をする気満々の素敵なご家族なんだと思います。

ゆったりとした気分で、お月様を見上げながらくつろいで、ご家族でお楽しみ下さいね。

「いいお月見の時間が過ごせますように。」

【関連記事】

▶ シンプルライフって実はそんなに難しくないんじゃない?!

▶ シンプルライフを目指して、簡単に物が捨てれた私の方法

 

スポンサーリンク

 

 

 


-シンプルライフ