ゼロ秒思考 時間術

ゼロ秒思考メモで 収入をあげるための30の質問

スポンサーリンク

『ゼロ秒思考』について今までにいくつか記事を書かせていただきました。

ゼロ秒思考を実践、継続するときに、困ってしまうのは、
自分の中から問いのアイデアが浮かばないときではないでしょうか?

収入をあげるための30の質問を用意してみました。

ゼロ秒思考メモはウエイトトレーニングと同じ

『ゼロ秒思考』の本にはこのようなことが書かれています。

”考えをどんどん深めていくこと、選択肢をあげ尽くし、それを評価して優先順位をつけることなどは実はウエイトトレーニングと同じで、鍛えれば鍛えるほど力がつく。本書を読み終え、1日10ページのメモ書きを始められた人には、ウエイトトレーニング的な効果を数週間で実感してもらえる”

実践していく中で、継続が難しくなるのはタイトルが思いつかない場合ではないでしょうか?

下記に30のタイトル用の質問をあげておきますので、ご活用下さい。

 

収入をあげるための30の質問

1,目標はなんですか?何のためにお金を稼ぐの?
2,1ヶ月先の目標は?
3,1週間後の目標は?
4,10年後どんな姿になっていたい?
5,どんな人と付きたいたい?
6,1千万円あったら何に使う?
7,その夢の叶え方は?
8,その夢に到達するための道筋は?
9,それを実現している人は誰?
10,モデリングしたい人は誰?

11,その人に会うためにはどうすればいい?
12,その人が大事にしていることは何?
13,その人のお役に立てることは何?
14,その人が解決したいことは何?
15,自分は周りにどんな価値を提供できる?
16,時間をどうやって作ろうか?
17,昨日無駄だと思った時間は?
18,このアプローチで目標にたどり着ける?
19,何を変更したら目標の収入になる?
20,どうしてもやりたくないことは?

21,副業するなら何をやる?
22,お金を何に使っている?
23,このお金を使ったリターンは?自分の望むのと逆のリターンになっていない?
24,自分が憧れの人だったら、今何をする?
25,10年前の自分にアドバイスをするとしたら?
26,20年後、理想の自分になるには?
27,そもそも理想の生活ってどんな?
28,誰と一緒にそのことを達成させたい?
29,今日の優先順位は?
30,自分のお墓に文字を彫るとしたら、なんと彫る?

実際の本の中には状況・ニーズ別のメモのタイトル例が400個もありますね。

どうしてもタイトルが思いつかない人、とにかく継続してみて効果を実感したいひとは好きなタイトルで自分でメモ書きしてみるのがオススメです。

頭の中では3桁のひっ算ができない

スポンサーリンク

すでに成功されている方から、こんなアドバイスを受けたことがあります。

『なんでもね、紙に書かなきゃだめだよ。いい?今から言う計算を頭で考えてしてみてね。365×12は?できた?』

『いいえ、できません。』

『じゃあ、今度は紙に書いてさっきの計算してみて』

『できました。4380です。』

『ね、紙に書くとできるでしょ。これは自分自身を知りたいとき、問題を解決したいとき、収入を上げたいとき、何でもそう。実際に紙に書かないとね。成功している人はみんなこれをやってるんだよ。』

『本当にそうですね。紙に書き出すと明確になります』

ゼロ秒思考の真髄、それはメモ書きを実際にすることだと思っています。しかも超高速の1分で。

さあ、ゼロ秒思考を実践するために今何をしますか?

A4の紙とペンがあれば2分後には一枚終わってますよ~~。2分の時間投資できますか?

ゼロ秒思考の記事一覧はこちらから

▶ 朝活読書術 時間がない!本が苦手!という方は「オーディオブック Febe」で解決!

スポンサーリンク


-ゼロ秒思考, 時間術