1. TOP
  2. シンプルライフ
  3. 出前館ってどんな仕組みなの?Uber eats との違いは?どっちがオススメ?

出前館ってどんな仕組みなの?Uber eats との違いは?どっちがオススメ?

 

電話で注文したら、

自宅に料理を届けてくれるデリバリー。

 

時間がないときや、

ちょっと家事の手を抜きたいときに便利ですよね。

 

最近は、インターネットで注文できる、

便利なサイトも登場しました。

 

その中でも有名なのは、「出前館」ではないでしょうか?

 

出前館ってどんな仕組みなの?

 

 

このサイト、どのような仕組みで私たちに

料理を届けてくれているか、知ってますか?

 

簡単にいうと、こんなかんじです。

 

ユーザーがネットで注文

出前館のサーバーに注文が届く

お店に注文内容を伝える→お店料理を作る

配達専門の拠点に出動要請が入り、お店に出動!

配達員さん、お店で料理を受け取る

配達→料理到着!

 

どうやら出前館がいろいろ指示をだして、

料理が届いているようですね。

 

「出前館」は、全国の店舗に出前を注文できる、

デリバリーのお店を集めた総合サイトのことです。

 

加盟店は、中華・和食・洋食・イタリアンなどさまざま。

インターネットのサイトやアプリから、簡単に注文ができます。

 

しかも、「注文してから商品が届くまで最短で20分」

というスピード感は、とても魅力的ですね。

 

出前館が作ったとても便利で現代ならではの仕組み

 

スポンサーリンク

 

わたしたちは商品を注文して待っているだけなのですが、

この仕組みのおかげで、デリバリーがとても便利になったんです!

 

そのすごい仕組みの中から、3つをご紹介します。

 

・インターネットで注文する仕組みを作った!

 

今までの「出前」は、メニューを見て、

お店に電話して注文するという方法でした。

しかしメニューを印刷し各家庭に配るのは、

お金も時間もかかります。

 

そこで出前館は、インターネットで

注文を受ける仕組みを作りました。

 

おかげでわたしたちは、

いつでも簡単に注文をできるようになりましたね!

 

・簡単操作でお店もらくちん

 

注文が入ると、お店に注文内容のFAXが届きます。

注文の受け取りの操作もとても簡単なのだそう。

操作が簡単なので、

お店もデリバリーを導入しやすくなり加盟店が増えました。

 

・配達員さんは他の企業の人

 

出前館の商品を届けている人は、

配達を委託されている会社の社員さんや、アルバイトさんです。

 

たとえば新聞配達のスタッフの場合、

朝夕刊の新聞配達以外の時間を、

出前館の配達員として働いているという感じです。

 

今では宅配寿司の会社なども、

出前館の配達をしています。

いつも何かを配っている人たちなので、

地理にも詳しい。空いている時間を有効に使え、

一石二鳥ですね。

 

そして、もともと配達のノウハウやバイクが揃っている企業に、

配達の拠点になってもらうことで、

「簡単に全国に配達エリアを拡大できた」というわけです。

 

いかがでしたか?

この仕組みなら、デリバリーをやってみようと思ったお店は、

すぐにデリバリーが開始できますし、

たくさんのお店が加盟店になってくれると、

わたしたちはデリバリーできる店舗が増えてうれしい!

 

お店もユーザーにもメリットがある

すごい仕組みだなーと感心してしまいます。

 

 

Uber eatsとの違いは何?料金も比較してみました

 

 

デリバリーの会社でもうひとつ今話題なのは、

「Uber eats」ですね。

 

あのリュックを背負っている姿は、

都心でよく目にします。

 

どちらも、「食べ物の出前をしている企業」

なのはご存じだと思うのですが、

サービス内容の違いまでは、

知らない方が多いと思います。

 

同じデリバリーをしている会社ですが、

じつは配達スタッフさんや取り扱う商品まで、

たくさんの違いがあるんです。

 

出前館とUber eatsのサービスの違いは?

 

このサービス内容の違いについて、まとめてみました。

 

配達スタッフの違い

 

〇出前館:配達を代行している会社に勤務しているアルバイトさんなど。

〇Uber eats:Uber eatsに登録している一般の人が配達をしています。

 

特徴的なのは、注文が入った場所の近くにいる配達員を、

Uber eatsが探して配達を依頼。

 

マッチングしたらその配達員がお届けに向かうというところです。

こうすることで、商品をできるだけ早くお届けすることができます。

 

取り扱う商品の違い

〇出前館:フードはもちろん、ネットスーパー・お花屋さん。

水やカギのトラブルなどの駆け付けサービスも!

〇Uber eats:フードのみですが、出前館よりフードの種類が豊富。

 

 

対応地域のちがい

〇出前館:フードは全国の大きな街ならデリバリーしてくれそうです。

水のトラブルなどの駆け付けサービスはどの地域でも注文できます。

〇Uber eats:都市部のみ。少しでも郊外になると、注文できませんでした。

 

 

配達してくれる最低注文金額はいくら?配達料や値段の違いをまとめました

 

 

・最低注文金額は?

最低注文金額とは、注文した合計金額が、

この金額に満たないとは配達できませんよ、という金額のことです。

 

〇出前館:1円から2000円超えも。比較的1000円以上が多い。

〇Uber eats:特になし

 

出前館は1000円以上のお店が多いので、

一人暮らしでちょっとだけ注文したいという時に、

この制限で利用できないこともあるかもしれません。

その点、Uber eatsは設定がないので、ジュース1つでも届けてくれます。

 

・配達料はどうちがう?

 

商品を持ってきてくれた手間賃ですね。

 

〇出前館:店舗により異なる。平均すると200円くらい。

〇Uber eats:50円から550円くらい。

 

配達料には、そこまでの差はないのかな?という印象です。

ただ、Uber eatsは注文した金額が700円未満だと、

150円の手数料がかかりますのでご注意を。

 

どちらも注文する画面で料金は確認できます。

 

・商品の値段のちがい

 

よく見ると、実店舗で食べるときの金額と、

デリバリーのときの金額に違いがあるお店がありました。

 

〇出前館:お店にもよりますが、あまり変わらないようです。

〇Uber eats:お店で食べる金額より高く設定されているものがあります。

 

出前館だから差はないということではなく、

お店ごとに金額の差はあります。

ですが、高く設定されている店舗が多かったのは、Uber eatsでした。

 

まとめ

 

ここまで比較してきたことをまとめると・・・

 

出前館は、全国で注文ができるので、

都市部以外でデリバリーしたいときはおすすめ。

でも最低注文金額があるので、

家族みんなでまとめて注文するときに使おう!

 

Uber eatsは、メリットはジュース1点からでも注文可能なところ。

1人暮らしの人も利用しやすいですね。

でも、商品の値段がちょっと高かったり、

手数料がかかることもあるから、値段には注意が必要。

 

どちらもメリット・デメリットがあるので、

デリバリーをお願いするときの状況によって便利に使い分けたいですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • これからの新時代!いよいよ5Gの登場!メリット・デメリット紹介します

  • 2020版!海の日の穴場の旅行先はどこ?あまり知られていないマル秘スポット教えます!(関東から近場です)

  • 大雨警戒に高齢者が気をつけておきたい 守るべき5つのこと

  • 旅の醍醐味!軽自動車で車中泊を満喫してみては? プライバシー保護はカーテンでバッチリです!

  • テレワークが進まないときの対処法~眠いと感じたときの解決策~

  • テレワークに必要なスキルとは?テレワークに必要なツールやアプリも紹介します!