1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ファストファッションが生み出す深刻な環境問題とは?知らなかったじゃマズイかも!

ファストファッションが生み出す深刻な環境問題とは?知らなかったじゃマズイかも!

 

最近、T-シャツの価格なんかは下手をすると

お弁当を買うのと同じぐらいの値段で買えちゃったりしませんか?

 

ですので、僕自身も新しいT-シャツを毎年のように買い替え、

去年買ったものをほとんど捨てちゃったりもしてしまいます。

 

ほんと、一昔前、私が若かりし頃には考えられなかったことですが。

 

自分でもこういうものを購入してしまっているので、

大きなことは言えませんが、

 

人々がそんな行動を取るようになった理由は、

膨大な資本力を持つファストファッションブランドが

低コストで良質な衣服を大量生産することができるようになったためです。

 

一見すると安い洋服が手に入るし、

問題点など何もなさそうに思えますが、

その裏には深刻な環境問題が発生しているのはご存知ですか?

 

その代表例が『ごみ問題』と『労働問題』です。

 

ごみ問題 ゴミの山をつくってしまいます。

 

 

近年、市場に出回る衣服の約半数が売れ残っているのです。

 

もうこれを聞いただけでゴミの山ができ上がるのは、

すぐに想像できますよね。

 

ではなぜ半数も売れ残るのでしょう?

 

理由はファストファッションの参入もあり、

年々販売期が短くなり、商品の入れ替えが早くなっていること。

 

またそれにより、販売のチャンスを逃すまいと

過剰な量の衣服を生産するからです。

 

そして特にファストファッションブランドは、

コレクションの入れ替えが月に一度のペースで行われることが多いです。

 

そのコレクション毎にデザインや色、素材、形によって

売れる、売れないが商品によってはっきりと分かれます。

 

トレンドや需要を完全に読み切って、

生産量をコントロールすることは非常に難しいのです。

 

そうなると大量に生産されはしたものの、

売れ残ってしまった不人気商品がコレクション毎に

どんどん積みあがっていってしまうのです。

 

労働問題 過酷な状況下で働く発展途上の人達

 

スポンサーリンク

 

なぜファストファッションがこんなにも低価格で衣類を提供できているのか?

その理由と労働問題は繋がっています。

 

ファストファッションの生産工場の多くは発展途上国にあります。

 

先進国に比べ、労働の法規制が緩い途上国では、

貧困層が劣悪な環境で雇われているのです。

 

安全性も確保されていない老朽化した工場内に、

たくさんの人を詰め込んで働かせています。

 

過去に途上国であるバングラディシュでは、

縫製工場が何のきっかけもなく倒壊し、

1000名以上もの労働者の命が失われたという事故も起こっているのです。

 

賃金においても朝から晩まで働いて月収はわずかで、

最低賃金で働くのはあたりまえの労働環境。

 

そんな過酷な環境下での仕事を強いられている方の

存在を知れば、簡単に洋服を捨ててしまうという行為に

罪悪感を感じてしまいます。

 

ファストファッションブランドの環境問題への取り組み

 

そんな中でもファストファッションブランドでも

環境問題への取り組みが行われています。

 

お店でも古着リサイクルプロジェクトなど、

時々やっているのをご存知でしょうか

 

・古着リサイクルプロジェクト

 

店舗においてブランドを問わず、

不要になった古着を回収し、

途上国への寄付やリサイクルを行っている。

 

・節水、水質監視

 

衣料品製造時の水の使用量を20%削減。

工場から排出される水質を特殊な、

監視プログラムを使用し安全に管理している。

 

またそういったファストファッションブランド業界

だけでなく、わたしたち個人でも取り組みをすることが

できます。個人で取り組めることも挙げておきます。

 

ファッストファッションの環境問題に個人で取り組める事は?

 

 

・フリマアプリで売る

 

私の経験上、古着屋で売るよりも高く売れるように思います。

傷や汚れがあっても販売価格を下げれば引き取り手が見つかります。

一人一人がアプリを介して古着の取引をしていけば、

確実にゴミの量は減りそうですよね。

 

メルカリなどは有名ですね。

 

・リメイクする

 

着るのが飽きてしまった服は捨てずにリメイクしてみましょう!

シャツを2枚繋げてスカートにしたり、

デニムはポーチにしてみたり、ダメージを入れてみたり。

調べればいろんなアレンジがあって意外と楽しいです。

 

 

日本という先進国に生まれ、普段何気なく暮らしていると

ゴミの問題など、ましてや海の向こうの労働環境問題など

考える機会なんてなかなか無いですよね。

 

でも他人事ではありません。

 

ゴミが増え続け、それを燃やし続ければ新たな問題が生じます。

大気汚染、温暖化。

 

貧困者が増え、格差が広がればまた問題が生じます。

紛争、戦争、人口減少。

 

ですので、私たちはこれからのファッションブランドの

環境に対する取り組みに注目し、

洋服を購入するブランドを選ばなければならないかもしれません。

 

そしてもちろん、一人一人ができる

小さな取り組みを積み重ねていくべきなのでしょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 栗拾いしたら虫食いがいっぱい!見分け方はどうするの?処理は食べ方はどうしたらいいの?

  • 1月のオススメアロマは?冬に使いたいティーツリーを紹介します

  • 2020版!海の日の穴場の旅行先はどこ?あまり知られていないマル秘スポット教えます!(関東から近場です)

  • 隙間(スキマ)トラベラーとは?これからの時代にオススメの新しい旅行方法を公開!

  • これからの新時代!いよいよ5Gの登場!メリット・デメリット紹介します

  • ストレス解消にぴったり!自宅でできる シャドーボクシングは有酸素運動にもなる!