1. TOP
  2. シンプルライフ
  3. ペルセウス座 流星群 2020年はいつ見ることができるの?方角や見える時間帯は?

ペルセウス座 流星群 2020年はいつ見ることができるの?方角や見える時間帯は?

 

今年も「ペルセウス座流星群」が、

7月中旬~8月末にかけて出現します。

 

 

夏休みの時期であることや、

ほかの流星群よりも流れ星の数が多いので、

とても人気のある流星群です。

 

 

この記事では大人気のペルセウス座流星群の、

見える時期、方角や時間帯、他にも

「観測する時のポイント」から

「おすすめスポット」まで、

観測に役立つ情報を紹介していこうと思います!

 

ペルセウス座流星群が見える時間帯は?

 

 

今年のペルセウス座流星群は、

8月12日22時頃がピークになるという予想です。

 

 

その中でも特におすすめなのは、

 

 81222:00 ~ 13日の夜明けまで

 81122:00 ~ 12日の夜明けまで  

 

です。いやあ、晴れてほしいですね!!

 

 

ペルセウス座流星群はどっちの方角空を見たらいいの?

 

流れ星は星座のように、

「どこに出現する」というふうに決まってはいません。

つまり、「どっちでもいい」んです。簡単ですよね。

 

 

ペルセウス座流星群とは、どんな流星群なの?

 

スポンサーリンク

 

「三大流星群」のひとつで、流れ星の数が多いことで知られています。

条件がよい時は、1時間あたり80個以上の流れ星が

観測されることもあるほど。

 

また、ペルセウス座流星群の流れ星は、

流れる速度が速いことと、明るい流れ星が多いことも特徴の一つです。

 

明るい流れ星が多いので、

薄曇りでも空でも雲のすき間から観測する事ができます。

 

その明るい流れ星の中でも、

とても明るい「火球」という流れ星があります。

「火球」の出現も多いので、

「火球」を見る絶好のチャンスとも言えます。

 

You tube でも紹介されていました。

 

 

ペルセウス座流星群の活動時期とピークの時期は?

 

ペルセウス座流星群の一般的な出現時期は、

7月17日から8月24日くらいまでと言われています。

ピークの時期(極大)は、8月13日頃です。

流れ星の数が増えてくるは、8月の中旬頃からになります。

 

 

ペルセウス座流星群の名前の由来

 

流星群はすべて、流れ星が放射状に流れるように

見える位置にある星座から名付けられています。

この位置のことを「放射点」といいます。

 

 

ペルセウス座流星群の放射点は、

ペルセウス座の「ペルセウス」の左肩のあたりです。

 

 

ペルセウス座はカシオペア座の隣に位置していますので、

ペルセウス座を探すには、「M」の形で有名な

カシオペア座を目安にするといいでしょう。

 

 

今年は23時以降には半月が上ってくるので、

「月とカシオペアのあいだにある」と覚えて探してみる楽しいと思います。

 

 

ペルセウス座流星群の母天体は?

 

ペルセウス座流星群の母天体は、「スイフト・タットル彗星」です。

 

 

ペルセウス座流星群を見るおすすめの時間は?

 

流れ星の数のピークは、8月12日22時頃にピークになると予想されています。

ただ、流れ星の数が多くみえるようになるのは、8月11日の夜から8月13日の夜です。

 

ですので、 おすすめは「811日」か「812日」 となります。

 

 

また流れ星は、放射点が低いところにある時よりも、

高いところにある時の方がたくさん観測ができます。

 

 

どちらの日も、21時頃から流れ星が出現するようになりますが、

まだ放射点は低いところにあります。

 

 

日付が変わる時間帯にはだいぶ放射点が高くなりますので、

日付を変わるあたりから日が昇る時間に向かって、

流れ星の数が多くなると考えられます。

 

ですので、 22時頃から夜明けまで」 に観測をすることをおすすめします。

 

 

ペルセウス座流星群を見やすい方角はあるの?

 

流れ星は放射点を中心に飛び出すように流れますが、

放射点の方向だけに現れるのではなく、空全体に現れます。

 

ですので、

見るべきは 「空全体」 になります。

 

 

いつどこに出現するかは分かりませんので、

できるだけ広く空を見渡すようにしましょう。

 

 

もし、「それだと見つけにくいな・・・」という方は、

放射点のペルセウス座の方向である 「北東の空」 を中心に見てみてください。

 

知っている人だけが知っているペルセウス座流星群を見る方向の注意点

 

見る方角には、ひとつだけ注意点があります。

それは 「月が視界に入らない方角を見る」 ことです。

 

 

23時以降には月が昇ってきます。

「下弦の月」と呼ばれている半月です。

 

 

かなり明るいの月ですので、月の光が流れ星の観測の邪魔をしてしまいます。

月は視界に入らないように観測することをおすすめします。

 

 

ペルセウス座流星群観測のオススメスポットもこっそり教えます。

 

 

関東、東京でもペルセウス座流星群を楽しめる!

おすすめスポットをいくつがご紹介します。

 

 

東京都内で車なしで行ける!おすすめスポット

 

・夢の島公園(東京都)

 

駐車場もありますし、新木場駅から徒歩8分とアクセスも抜群です。

芝生広場がとても広いので、芝生に寝っ転がって流星群を見ることができます。

 

・石神井公園

 

西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩7分程のところにあり、車がなくても行くことができます。

公園は面積約6万1千坪と広大で、東京とは思えない自然が広がっています。

 

・武蔵野の森公園

 

西武多摩川線「多摩駅」より徒歩5分ほどで行けます。

近くに国立天文台もあるので、ついでに立ち寄ってみては?

 

・砧公園

東急田園都市線「用賀駅」より徒歩20分ほどのところにある、世田谷区の真ん中にある公園です。

芝生が広がるファミリーパークは、視界が開けているので流星群の観測におすすめ。

 

 

関東で星がとてもよく見えるおすすめスポット

 

・奥多摩湖(東京)

 

トイレがある無料駐車場が多数あるのでとても便利です。

そのなかでも、奥多摩周遊道路にある「月夜見第二駐車場」と、

「奥多摩湖ダムサイトパーキング」はおすすめです。

 

・湘南国際村(神奈川県)

 

相模湾を一望出来る湘南の丘の上に立つ、宿泊施設が完備された施設です。

展望広場も用意されており、光源が少ないため夜空一面の星空を眺められます。

 

・城ヶ島公園(神奈川県)

 

三浦半島の城ヶ島は、神奈川県の中で数少ない天の川まで見られるスポットです。

東京からもアクセスがよく自動販売機やトイレ、展望台もあるのでおすすめです。

 

・栃本広場(埼玉県)

 

山梨との県境に近い栃本広場。

標高が高いところにある為空気が澄み、星がよく見えます。

トイレや自販機もあり、流星群観測におすすめです。

 

・堂平天文台(埼玉県)

 

望遠鏡や宿泊施設が併設されている天文台です。

夜間は門が閉められ宿泊者以外は中に入れませんのでご注意ください。

 

・戦場ヶ原(栃木県)

 

戦場ヶ原は天体観測をする人たちの中でも人気のスポットです。

戦場ヶ原にある「三本松園地駐車場」はおすすめ。

大きな駐車場やトイレ、自動販売機があるので流星群の観測におすすめです。

 

・東浪見海岸(千葉県)

 

星の写真を撮る方たちの間で人気のある東浪見海岸。

トイレもあるので、長時間の観測にも便利です。

 

 

まとめ

 

ペルセウス座流星群はお盆や夏休みの時期に出現します。

気温も高い時期なので、最も観測しやすい流星群でしょう。

 

今回は、ペルセウス座流星群の見える時期や見どころ、

方角、注意点など挙げてみました。

 

是非参考にして流星群を楽しんでくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 6月におススメのアロマは?梅雨の時期にペパーミント!

  • 8月にオススメのアロマは?日焼け対策にはラベンダーを使ってみよう!

  • eスポーツはスマホでもできるから、初心者でもハマっちゃう人が多い!

  • 三大流星群について教えます! 2020年はいつ?流れ星の特徴から時期まで全部まとめました。

  • 窓用エアコンは普通のエアコンとどう違うの? メリット・デメリットを知っておけば選ぶのも簡単!

  • 出前館ってどんな仕組みなの?Uber eats との違いは?どっちがオススメ?