1. TOP
  2. シンプルライフ
  3. 夏の星座を見つけよう!夏の大三角形はどこ? 自由研究にも使える面白いネタも!

夏の星座を見つけよう!夏の大三角形はどこ? 自由研究にも使える面白いネタも!

夏の大三角形は、

 

はくちょう座の1等星 「デネブ」

黄色い星、わし座の 「アルタイル」

ひときわ明るい、こと座の 「ベガ」

 

この星を結んで描かれた三角形のことです。

 

夏の大三角形のうちの2つの星は、

七夕のお話にでてくる「おりひめ」と「ひこぼし」なんですよ。

ベガが「おりひめ」で、アルタイルが「ひこぼし」と呼ばれています。

 

そしてこの2人のあいだには、七夕のお話のとおり

「天の川」が流れているんです。

ロマンティックですね。

 

夏の大三角形はどこにあるの?

 

 

夏の大三角形は、「東の空」にあります。

 

「ベガ」を探すには、東の空で1番明るい星を探します。

もし見当たらないときは、明るい星の右下に、

小さく4つの星が固まって四角形を作っているところを探してみましょう。

この5つの星が、「こと座」です。

 

あとは、その付近の明るい星を探せば、

おのずと三角形を描けるはずです。

念のため、あと2つの星の探し方もご紹介します。

 

次に探すのは、「デネブ」がいいでしょう。

ベガから少し左下に下がると、明るい星が1つあります。

これが「デネブ」です。

 

デネブを「鳥の尾っぽ」として見ていくと、

大きく羽を広げた鳥をのように、大きな十字を描いた星座があります。

これが「はくちょう座」です。

 

そして一番見つけにくいのが、わし座にある「アルタイル」です。

これはもう見つかっている2つの星をつないで、

三角になるところを探すのがいいでしょう。

少し黄色く輝いている星がアルタイルです。

 

夏の星座を見つけよう

 

南の空

 

南の空には、星占いでおなじみの

「さそり座」と「いて座」が見られます。

 

 

南の空の下のほうに、赤く光る星「アンタレス」があります。

アンタレスは、サソリで言うと心臓のところに位置していてます。

 

 

さそり座は大きなS字型をしていますので、

アンタレスを中心にS字を探してみましょう。

 

 

そしてさそり座のしっぽの方には、「いて座」があります。

いて座は、北斗七星のようなひしゃくの形をした、

「南斗七星」があるので見つけやすいでしょう。

 

北の空

 

スポンサーリンク

 

北の空は、有名な「北斗七星」と、

M字型で有名な「カシオペア座」見られます。

この2つは簡単に見つけられますね。

 

 

その二つの星座の、ちょうど真ん中あたりには、

「北極星」が光り輝いています。

星はみんな、北極星を中心に夜空をまわっているんですよ。

 

 

ちなみに北斗七星は、星座ではありません。

「おおぐま座」の中にある、

「ひしゃく」にみえる7つの星たちの名前です。

 

 

また、北極星を含む「小さな北斗七星」は、

「こぐま座」です。

 

西の空

 

西の空には、「春の大曲線」と呼ばれる、

明るい星で作った曲線が見られます。

 

 

北斗七星から左の方へ目をうつすと、

明るく輝く「うしかい座」の「アークトゥルス」が見つけられます。

うしかい座は五角形をしていて、

「アークトゥルス」が五角形の底辺にあたります。

 

 

さらに下のほうを見ると、

かなり明るい一等星の「スピカ」があります。

スピカは「おとめ座」のなかの星です。

女神の持っている「麦の穂」の部分と言われています。

 

 

おとめ座は難しい形をしているので、

この星のならびで女神をイメージするのは難しいかもしれませんね。

 

 

そして、「北斗七星」から「アークトゥルス」、

そして「スピカ」をつないだ曲線が、「春の大曲線」です。

 

東の空

 

東の空は、なんといっても「夏の大三角形」ですので省略します。

 

自由研究に使えるオモシロ星座ネタ

 

 

星座はギリシャ神話をもとに作られています。

星座の1つ1つには、壮大な物語がこめられているのです。

その中にはちょっと笑えるエピソードも!

 

 

その中でも、わたしが大好きな「さそり座の物語」を

紹介したいと思います。

 

【いつまで続く?オリオンとサソリの追いかけっこ】

 

オリオンはポセイドンの息子で、

巨人ですがハンサムで、優れた狩人でした。

しかし、いつも「自分ほど腕のたつ狩人はいない」と、

自慢ばかりしていました。

 

 

これを聞いたゼウスの妻ヘラが怒って、

大きなサソリを差し向けます。

オリオンはこのサソリに刺され、

猛毒により命を落としてしまいました。

 

 

この功績をたたえられてサソリは、

夜空で「さそり座」となりました。

 

 

一方、オリオンも英雄として星座となっています。

 

 

実はオリオン。サソリに刺されたことが

トラウマになってしまい、

星座になった今でも、

決してさそり座と同じ空にあがってこないんです!

 

 

東の空にさそり座が顔を出すと、

オリオン座は西の地平線に沈んでしまいます。

さそり座が沈んで空から消えると、

「待ってました!」とばかりにオリオン座が昇ってくるのです。

 

 

昔からずっと続いている追いかけっこ。

いつになったら終わるのでしょうか?

 

 

※サソリを投げつけたのは、

狩りの女神であるアルテミスという説や、

大地女神ガイアとの説もあります。

 

 

【さそり座にも敵がいた!】

 

さそり座の隣に位置している「いて座」は、

上半身が人間で下半身が馬の「ケンタウロス」が

弓を射る姿をあらわしています。

 

 

そしてその矢は、さそり座の心臓である

「アンタレス」に向けられているんです。

 

 

これはゼウスから、

「サソリが暴れだしたら、すぐにサソリを射る」ように

命令されているためです。

いて座の弓は、いつでも発射できるように引かれ続けています。

 

 

さそり座は、いつ「いて座」に射られるか・・・と、

ビクビクしながら夜空に昇ってきているんですね。

 

こんなちょっとしたネタをしっておくだけでも、

面白がられると思いますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

星座の配置も神話がもとになっているなんて、

昔の人はロマンティストですね。

 

 

他にも神話はたくさんあります。

その中には、プッと吹き出してしまうような話も。

 

 

自由研究に調べてみると、

もっと星座を見るのが楽しくなるかもしれません。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • バッグを除菌する方法とは?実は知らないだけでかなり汚れている?!

  • 朝活をはじめて10年目!早起き主婦のスケジュールを大公開しちゃいます!

  • 朝活で時間術を活用する方法。これを知らなきゃダメな時間の作り方

  • 朝活で頭スッキリ ゼロ秒思考メモ書きを身につけるやり方は?

  • 秋刀魚の内臓(ワタ)って取ったほうがいいの?美味しいレシピを教えちゃいます!

  • かぶとむしって昼間はどこにいるの? 絶対見つかるポイント教えます!