1. TOP
  2. シンプルライフ
  3. バーベキューの準備リスト!忘れちゃいけないものから便利なツールまで紹介します!

バーベキューの準備リスト!忘れちゃいけないものから便利なツールまで紹介します!

バーベキューにいい季節になってきましたね。

 

前日までしっかりと準備したのにもかかわらず、

当日「網わすれた・・・」なんてことないですか?

 

バーベキュー場なら代わりがあるかもしれませんが、

自然の中だとバーベキューを中止する事態にもなりかねません!

 

しっかり持ち物をリスト化して、楽しいバーベキューに備えましょう。

 

バーベキューの持ち物は、この5つに分類できます。

分類しておくと頭も整理できて、忘れ物も少なくなります。

 

 

・くつろぎスペースのための持ち物

・焼くための道具

・調理道具

・片づけるときの道具

・食材

 

バーベキューの持ち物リストはこれだ!

 

 

これがあればバーベキューはできる!持ち物リストです。

出かける前に再チェックしましょう。

 

 

■くつろぎスペースのための持ち物

 

・テーブル&チェア

・レジャーシート

 


 

 

■焼くための道具

 

・バーベキューグリル…4~5人で1台が目安

・網・鉄板

・炭…2~3時間で3kgが目安

・トング…炭用として

・着火剤・段ボール・新聞紙…火をおこす道具

・ライター…柄の長いチャッカマンがおすすめ

・トーチバーナー…火が付かなかったときの最後の手段

 


■調理道具

 

・クーラーボックス…食材用と飲み物用に分けると便利

・保冷材・氷

・トング…食材用として

・まな板・包丁・さいばしなど

・お皿・コップ・箸…多めに用意しよう

 


■片づけるときの道具

 

・食器洗いなど…スポンジ、たわし、洗剤

・ゴミ袋

 

 

バーベキューが盛り上がる!食材リスト【お肉・野菜の目安は?】

 

スポンサーリンク

 

「お肉はどのくらい買ったらいいんだろう?」・・・ちょっと悩みますよね?

 

お肉1人分の目安は、このくらいと言われています。

 

・男性…300g

・女性…200g

・小学生…100~200g

中学生以上は、大人と同じで大丈夫です。

 

野菜は1人100gくらいでいいでしょう。

 

 

■定番食材リスト

 

 

・お肉…牛肉、豚肉、鶏肉。普段食べない厚切り肉はテンションがあがります。

・ソーセージ…お子様に

・魚介類…定番のホタテやハマグリ、エビ、イカ

・野菜…とうもろこし、タマネギ、ピーマン、エリンギ、しいたけ、ナスなど

・ごはんもの…おにぎり、焼きそば

・スイーツ…マシュマロ、チョコレートなど

・果物…バナナ、りんごをそのまま焼く

・調味料…しょうゆ、塩、コショウ、料理酒、バター、オリーブオイル

・焼肉用たれ

・飲み物、お酒

 

バーベキューにこんなツールがあると便利です

 

持っていくと株があがるかも?

そんな便利グッズをまとめてみました。

 

■くつろぎスペースのための便利グッズ

 

・タープテント…バーベキューをする場所によっては日かげがないところもあります。

ぜひ持っていきましょう。

 


■火起こしのときの便利グッズ

 

・軍手…火起こしのとき、ないとツライです!

 

■あると便利な調理道具

 

・キッチンペーパー…いろいろなところをサッとふけます。

・キッチンバサミ…包丁を使うより簡単!

・アルミホイル…ホイル焼きに!

・アルミトレー…焼きそばを作るときに使うと、後片付けが楽。

・ワインオープナー・栓抜き…のんべえ必須

・スキレット…いつもと違うメニューを楽しみたいときに。

・焼き串…肉や野菜をさして焼くと盛り上がります。マシュマロ焼きにも活躍!

・水タンク…わざわざ水道までいかなくていいので便利。

 

■かゆいところに手が届く!

 

・ウェットティッシュ…手が汚れたときに。

・蚊取り線香…これは必需品ですね!

・日焼け止め…案外焼けます!

・トイレットペーパー…トイレに紙がないこともあります。

・針金でできたハンガー…何でも吊るせて便利!蚊取り線香を吊るしたり、夜は明かりを吊るせます。

・スマホ充電バッテリー…地味になくなります。写真撮るから。

 

お子様がいる場合の持ち物はコレ!

 

お子様の楽しみは食べるだけじゃありません。

広いバーベキュー場や河原にきたら、

遊びたくてウズウズしちゃうでしょう。

 

せっかくなので、大人も一緒にたのしめる遊び道具を持っていきましょう。

 

■みんなで楽しめる遊び道具リスト

 

・グローブとボール…たまにはキャッチボールはいかが?

・フリスビー…うまく飛ぶまでやめられない!

・ドッジボール…結構広くないとですが、みんなで楽しめます。

・水鉄砲…河原あそびの定番

・シャボン玉…嫌いな子はいません

・小さいビニールプール…小さい子がいるときは

・水着…河原バーベキューのときは持っていきましょう

・着替え…びしょびしょになっても大丈夫

 

 

たくさん遊んだら眠くなっちゃうので、

お昼寝用にタオルケットを持っていくのも◎

 

ケガもしやすいので、救急セットは必ず用意しましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

楽しいバーベキューにするためにも、忘れ物をしないようにしっかり準備したいものですね。

それに、食材を考えるのもバーベキューの楽しみ!

なんだか見ているだけで、おなかがすいてきました。

 

最高の思い出にするためにも、

しっかりとした準備をしてバーベキューに臨みましょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 朝活をはじめて10年目!早起き主婦のスケジュールを大公開しちゃいます!

  • 7月にオススメのアロマは?蚊よけにはレモンユーカリをスプレーに!その特徴と簡単なつくり方

  • 2020年の中秋の名月はいつ?親子で楽しむ十五夜のお月見タイム【豆知識も公開】

  • 猛暑日でも安心!子供が涼しく遊べるおすすめ屋内スポットを紹介します!

  • 3月にオススメのアロマは?ダイエットのサポートにグレープフルーツ

  • 人気が絶えないファイナルファンタジーVIIがリメイクで登場! 次回作にも期待大!!