1. TOP
  2. 子育て
  3. 学校に行かなくても、自宅で授業が受けられる!? オンライン授業のメリット、デメリットとは?

学校に行かなくても、自宅で授業が受けられる!? オンライン授業のメリット、デメリットとは?

ここ最近では、

 

企業のテレワーク化、

飲食店のテイクアウト、

宅配サービスなど、

世間がどんどんと変化してきています。

 

その中で、子どもたちの通う学校にも

かなりの影響が出ています。

 

全国での小・中学校・高等学校の休校など、

ニュースでたくさん報じられています。

 

この問題を解決すべく、学校に通えない子どもに向けて

新しい取り組みが行われています。

 

“オンライン授業”

最近ではこの単語をよく耳にします。

 

世界各国でも国によって導入の度合いは

ムラがありますが、いくつかの国では

オンライン授業の導入が本格化しております。

 

日本では対面での指導スタイルがまだまだ主流なので

あまりなじみがないオンライン授業。

 

もちろん比較的新しいシステムであるゆえに

メリット、デメリットがあります。

 

今回はメリット・デメリットや

海外で実際おこなわれているオンライン授業の様子を

ご紹介いたします。

 

小学生、中学生、高校生もオンライン授業で、塾も取り組みはじめている

 

スポンサーリンク

 

うちの子どもの通う高校でもオンライン授業が

取り入れられてきました。

 

先生が授業内容を録画したものを動画配信を通じて、

生徒に送っていくものです。

 

小学生、中学生もまだ地域によって差がありますが、

徐々に検討を始めているところも多いようです。

 

個別指導の塾などは、いち早くオンライン授業に

取り組んでいるところが多いですね。

 

 

そもそもオンライン授業って何!?オンライン授業のメリットって??

 

 

オンライン授業って何??

と思われる方も多いと思います。

 

 

オンライン授業とは、インターネット等に接続された

パソコン、スマートフォンを使い画面上で授業を受けることです。

 

 

実際に先生が授業している風景を

撮ったものを見ながら授業をうけるものや

送られてきた資料をもとに、

選択式の課題をオンライン上で提出するなど様々です。

 

 

では、このオンライン授業を受けるうえでメリットは何でしょうか?

いくつかまとめてみました。

 

 

  1. 自宅で学習ができる
  2. 時間を節約できる
  3. 離れた場所での学習が可能

 

 

わざわざ学校に行かなくても授業が受けられます。

通学に必要だった時間もいりませんし、

電車バスなども交通費もかかりません。

 

 

そしてネットワーク環境さえあれば、どこにいようと

授業を受けることができます。

 

 

また普段授業を受けることができない

有名な講師の方の授業もオンラインなら受講できます。

 

 

学校に行かないので、お菓子を食べながらでも

先生にばれることはないですね(笑)

それはおいといて・・・

 

 

少し考えるだけでオンライン授業のメリットはたくさんあります。

私の小・中学校時代には考えられなかったです。

 

 

では、逆にオンライン授業のデメリットはなんでしょうか?

次はそちらのお話をしていきたいと思います。

 

オンライン授業はコストがかかる!?そのデメリットとは??

 

オンライン授業を受けるうえでの

デメリットは何でしょうか?

 

メリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

いくつかまとめてみました。

 

 

  1. ネット環境を整えるのに、お金と労力がかかる
  2. ネットワーク回線が途切れることがある
  3. 他の子どもと対面できない

 

 

ネットワーク環境を整えるために費用がかかります。

学校であれば子ども全員同じ教科書があるので、

かかるコストは一定です。

 

 

また、パソコンが古ければ買い替えも必要ですし、

初期設定やアカウント設定など労力がかかります。

 

 

オンライン授業は、ネットワーク回線での授業なので、

接続する地域、また同時に多数の接続がある場合途切れる可能性があります。

 

 

学校で先生の授業を受けていて、先生の声が途切れる

そんなことありえないですよね?

 

 

そして、ほかの子どもと対面できない。

私はこれが1番のデメリットだと思います。

 

 

人間は会話をする動物です。

人と会って、コミュニケーションをとり

笑ったり、泣いたり、喜怒哀楽を表現します。

 

 

オンライン授業ではそれを感じることができません。

ただ、パソコン、スマホの画面をみて学習するだけ

 

 

お昼休憩に外で友達と遊ぶ

みんなで揃って給食(弁当)を食べる

授業を終え、掃除をし、下校をする

 

 

これらは普段何気ない学校生活ですが、

かなり重要なものだと私は思います。

 

 

オンライン授業ではこれはできません。

これがデメリットの1つではないかと私は思います。

 

他にも、オンライン授業の場合、

長時間デバイスの前で作業をしなければならなくなり、

目のつかれ、肩こり、難聴などの原因にもなります。

 

また、目や耳に頼った授業形式しか今のところ不可能です。

 

よって現状目の不自由な人、

耳の不自由な人には適応ができないものとなっております。

このように改善点は様々あるようです。

 

 

 受講率100%!?世界に見習うオンライン授業とは??

 

最近のオンライン授業の普及ですが、

各国の背景はどうなっているのでしょうか?

 

 

自宅に当たり前にパソコンがある家庭もありますが、

もちろんそうでない家庭もあります。

 

 

アメリカではそういった経済的にネット環境を持てない子どもには、

市がiPadの無償貸与を行っているところもあります。

 

 

フランスでは実際にパソコンがなく授業が受けられず、

子どもの5~8%が学習できていないなどの問題もあるようです。

 

 

韓国のある先生が行ったオンライン授業では、

受講率が100%だったそうです。

 

このことに先生は“自分の授業を必要としてくれている”と

とてもやりがいを感じたそうです。

 

フランスのでも近年オンライン授業の導入を

本格化しております。

 

こちらも同様にZoomを主流とし、

オンライン授業を開催しています。

 

復習も兼ねたクイズ形式の問題と、

教師と生徒が画面を通してやりとりしながら

進める授業の大きく分けて二つの形をとっているようです。

 

毎日教師から生徒たちへメッセージと

当日の勉強プログラムの説明ビデオ、

家庭でプリントアウトできる教材が送られ、

オンライン授業をおこなっているそうです。

 

日本も各国での、背景を見習い

子どもが学習しやすい環境をつくっていただきたいです。

 

まとめ

 

学校に行かず、離れた場所でも授業を受けることができる

また、通学に必要だった時間もかかりません。

 

しかし、コストと労力がかかる

人と対面できないなどの問題もあります。

 

オンライン授業は便利な部分もありますが、

少なからず問題点もあるようです。

 

オンライン授業のメリットを生かし、

デメリットを少なくして、

いち早く子どもが学習しやすい環境になればいいなと思います。

 

今後の教育現場の変化にも注目していきたいところですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • タワーマンションは大丈夫?地震を想定して知っておくべき耐震性の構造と種類

  • 5Gに対応しているスマホはこれだ!!プラン内容はどんなものがあるの?

  • Apple アップルからのメール?このメールには注意!フィッシング詐欺!!

  • カブトムシ買ったはいいけど飼育方法はどうするの?長生きさせるための条件!

  • 2020版!海の日の穴場の旅行先はどこ?あまり知られていないマル秘スポット教えます!(関東から近場です)

  • 7月にオススメのアロマは?蚊よけにはレモンユーカリをスプレーに!その特徴と簡単なつくり方