1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 大雨警戒に高齢者が気をつけておきたい 守るべき5つのこと

大雨警戒に高齢者が気をつけておきたい 守るべき5つのこと

ニュース等で災害時のお年寄りが避難し遅れて、

大変なことになってしまうという内容を良く耳にします。

 

私の母も70代ですので、他人事ではありません。

そのために気をつけたいことをしらべてまとめてみました。

 

ここではそのような事が起きないように何をするのか?

何を守らなければならないか?をご紹介致します。

1、 まずは何より自身の身の安全を

 

これは私の母の話ですが大雨の中、

側溝の水があふれ出ているのを見たらしく、

見に行ったら滑って側溝にはまり、

かかとを骨折してしまいました。

 

母が言うには、「枯れ葉の掃除を最近してなかったから心配で」との事。

間違って頭を打たなくて良かったと思いました。

 

このように雨で滑りやすくなっているので、

避難以外で不用意に外出せず、身の安全を考えるように、

日頃から伝えておきましょう。

 

 

高齢者は特に、

大雨の中では自分の身体が聞かないときもあります。

できるだけ必要不可欠なこと以外は、

ほおっておくようにしましょう。

 

また高齢者の場合は、どうしても若い方たちと違い、

動きがゆっくりになりますので、安全だと思われる場合でも

早め、早めに避難個所への移動も考えましょう。

 

2、 テレビ、地域防災放送で情報を

 

スポンサーリンク

 

現在、大雨警報は1~5段階あります。

その中で大雨警報レベル2になったら避難する事をお勧めします。

テレビ等で大雨警報確認出来ますし、

地域防災放送での確認も有効です。

 

私が住んでいる地域では、

『大雨警報レベル2になりました。

○○公民館を避難場所として開放しました!』とような放送があります。

 

地域によって異なった放送だとは思いますが、

普段からしっかりと情報をとれるようにしておきましょう。

 

3、 避難場所、避難経路の確認を

 

いざ避難となって、避難場所、避難経路がわからないようですと

冒頭で言ったように避難の遅れが起きかねません。

 

それを防ぐには、今ラジオCMで流れているような

【防災散歩】が一番いいかもしれません。

防災散歩というのは、散歩をしながら危険な箇所、

避難場所の確認をする事です。

 

日頃から確認しておくことによって、安心感もうまれますし、

いざというときでも集まることができます。

 

また散歩することは、精神的にも落ち着きますし、

体力も維持できますので、ぜひオススメです。

自身の健康のためにも良くて一石二鳥です。

 

4、 地域コミュニティーに参加を

 

 

ご近所付き合いが薄い都会はわかりませんが、

地方ではまだ地域コミュニティーのつながりが強いです。

孤立するとそれだけ避難が遅れる可能性があります。

 

 

【遠い親戚より近くの他人】という、

ことわざがあるように、避難所にて

「○○さんちの、おじいちゃん来てないけど、大丈夫かしら?」

というような話題にあり、

それを消防団が聞きすぐに確認しに行って救われる事もあります。

5、 その他

昨今、大雨、ゲリラ豪雨、超大型台風が増え、

避難する機会も増えたかと思います。

そこで大事なのは防災意識を高める事だと思います。

難しく考えず、出来る事からはじめてください。

例えば、市役所等でお住まいの地域の防災ハザードマップをもらって、

冷蔵庫に張って家族で共有するだけでも防災意識は高まります。

 

家族で話し合い避難する準備の役割分担等を

決めていけばベストです。

 

普段からのこういったコミュニケーションや

役割分担などにより、いざ避難するとなったときにも、

動きやすいでしょう。

最後に

 

今年もあと数ヶ月経てば、台風シーズンの到来です。

高齢者であるあなたにもしもの事があったら、

悲しむのはご家族です。

 

大好きなお子さん、大好きなお孫さんや

長年連れ添ったパートナーです。

 

その様な方々を悲しませない為にも、

上記の事項を実施していただければ幸いです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人気が絶えないファイナルファンタジーVIIがリメイクで登場! 次回作にも期待大!!

  • タワーマンションは大丈夫?地震を想定して知っておくべき耐震性の構造と種類

  • 食べごろスイカの見分け方はこう!スイカの冷やし方を間違えないでね♪♪

  • 切り方ひとつで種なしすいかに?!産地の名人が教えてくれる【すいかの切り方裏技】を公開!インスタ映え

  • 自宅での有酸素運動と筋トレが続かない人の悩みとは?

  • お彼岸のお供えやお花はどうしたらいいの?これだけは知っておきたいマナーを紹介