1. TOP
  2. シンプルライフ
  3. シンプルライフ、ミニマリストの真髄をあの斎藤一人さんに学ぶ

シンプルライフ、ミニマリストの真髄をあの斎藤一人さんに学ぶ

 

斎藤一人さんをご存知ですか?

 

「銀座まるかん」の創設者でもあり、

10年以上高額納税者ランキングにも

のってしまうほどのお金持ちの方です。

 

しかも一人さんの教えはシンプルでおもしろく、

とてもためになります。

 

数十冊もある著書で「ツイてる体質」になるなり方だったり、

幸せのなりかただったりを語ってくれています。

 

豊かさはまずは心から、そして目に見える豊かさに

 

 

一人さんのすごいところは、

たった従業員さん5人だけで

「高額納税ナンバー1」になってしまったところです。

 

これってすごくないですか?!

お弟子さんたちもいますが、従業員5人ですよ。

しかも話しによると、パートのおばちゃんたちのみです。

 

一人さんの著書を読んでいると

一人さんの心の豊かさがわかる場面がいくつもあります。

 

ツイてる言葉を言おうよ。笑顔でいようよ。人には親切にしようよ。

 

実にシンプルな一人さんの教えです。

 

「シンプルライフって一人さんのような

心持ちのことをいうのでは」と思ったので、

紹介させていただきますね。

 

コンビニが冷蔵庫?!の一人さんのシンプルな発想力

スポンサーリンク

 

このお話は、この「道は開ける」っていう

本の中に書いてあることなんですけどね、

 

一人さんに経営の教えを説いてもらいにきた

若手経営者の永松茂久さんにひとりさんが、

こんな風にいうんです。

 

 

「シゲちゃんに、何か冷たい飲み物を冷蔵庫から出してあげて」

声をかけられた事務員さんが、

元気よく「ハイ」と答えて建物を出て行く。

 

 

「一人さん、他にも社屋があるんですか?」

 

「ないよ。なんで?」

 

「だって、いま従業員の方が外に出ていったみたいだから」

 

「ああ、あれ。ここには冷蔵庫がないの。

道の向かいにとても大きな冷蔵庫があるんだよ。」

 

「向かいにですか?」

 

一人さんは笑って、タネあかししてくれた。

 

「うん。向かいにコンビニがあっただろ。あれがうちの冷蔵庫」

 

そうか、一人さんぐらいのお金持ちだったら

コンビニの一軒や二軒もっていてもおかしくないな。

そう思って、聞いたら経営者は全く知らないひとだという。」

 

「冷蔵庫って自分でもっていたら不便なんだよ。

どんなに大きな最新型を買っても、

入れたいものがみんなしまえるわけじゃないから。

必ず入らないものが出てくる。

 

でも、コンビニの大きな冷蔵庫なら何でもあるよ。

だからここは冷蔵庫がないの。」

 

冷蔵庫も持たない億万長者。

持つことに、ちっともこだわらない大金持ち。

僕はこのとき一人さんの本当のすごさにはじめてふれた気がした。

(道は開けるより抜粋)

 

 

「冷蔵庫って自分でもっていたら不便なんだよ。

どんなに大きな最新型を買っても、

入れたいものがみんなしまえるわけじゃないから。

必ず入らないものが出てくる。

でも、コンビニの大きな冷蔵庫なら何でもあるよ。

だからここは冷蔵庫がないの。」

 

これって、シンプルライフ、ミニマリストを目指す人にとっては、

すごくもっともな言葉じゃないですか?

 

同時に心の豊かさが伝わってきます。

 

なんでも自分一人で所有することはないし、

コンビニが自分の冷蔵庫って思えたら

心豊かな気がするのは、私だけでしょうか?

 

持つことにちっともこだわらないお金持ち。

心豊かなお金持ち。

 

なんだってある!目の前にあるものはなに?

 

 

うちでは、子どもが小さい頃に

「絵本」ってあまり買ったことがないんですね。

 

上の子はもう高校生ですが、

子どもが3人いても購入した絵本は10冊あるかどうかだと思います。

 

それでも3人とも本が大好きで、

いつでも本を読んでいるというような子に育っています。

 

子供たちが小さなころ、

週に1度は図書館にいって絵本を

10冊以上借りてきて毎晩読み聞かせしていたんですね。

 

図書館ってとってもありがたいです。

数千冊以上の絵本がそこに置いてあるのですから。

 

一人さん流にいうならば、

どんな素敵な絵本でも全部を家の中に置けるわけでもないし、

年齢によって読みたい本がどんどんと変わってきてしまうんですよね。

 

子どもも1冊の本よりも10冊の本を読みたがります。

だから「図書館は我が家の本棚」って思ってしまえば、

(思わなくても)

自分でわざわざ絵本をたくさん購入することもなく、

たくさんの本を子どもに読んであげられます。

 

子どもに知恵をさずけ、

ワクワクするストーリーをプレゼントし、

親子で一緒に楽しめる時間をプレゼントできます。

 

だいたい図書館はどこの地域にもありますよね。

本が自分のうちに並べてあって、かたづけなどに時間がかかるよりも、

そんな本を選ぶ時間だったり、本を読んであげれる時間だったり、

これってとっても豊かなだなーーって思うんです。

 

「モノそのものが大切なんじゃなくて、

そのモノを通してどんな豊かな時間が過ごせるか」

 

こんな考え方でいけたらシンプルライフ、

ミニマリストもより楽しいものになっていきますね!!

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 扇風機をコンパクトに収納したい!そんなときに試してみたい収納便利ワザ!

  • 2020年高級抹茶アイスのお取り寄せ人気店舗はどこ?抹茶大好きな方へのオススメ

  • 理想の睡眠パターンでぐっすり!!眠れない人はこんなことに気をつけて

  • 子どものおもちゃって必要なの?シンプルライフな子育て

  • IoT家電(スマート家電)がスマホでリモコン操作可能!賃貸住宅でも使えちゃうから人気急上昇中!

  • 2020年スーパームーンはいつ?月が大きくなるワケと名前の意味、願いごとを叶える方法