1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ダイエット中体重計に乗らないほうがいいってどういうこと?その理由と痩せるコツとは?

ダイエット中体重計に乗らないほうがいいってどういうこと?その理由と痩せるコツとは?

「痩せたい!」というのは、

大なり小なり大体の皆さんの共通の悩みだったりしますよね。

ダイエットを経験したことのある方も多いでしょう。

 

そのときに欠かせないアイテムだと

思われていることが多い『体重計』。

 

テレビ番組のダイエット企画でも

「-○○kgダウン」などの表記がメジャーですね。

 

こまめに体重計に乗りグラフにつけて

管理できるアプリなども今は存在します。

 

実は「体重計に乗らないほうが痩せやすい」

という説があるのはご存じでしょうか?

 

著名なモデルたちも「ほとんど体重計には乗らない。」

と言っている人が多いそうです。

今回はダイエット中体重計に乗らないメリットをご紹介していきます。

 

なぜ体重計に乗らないほうがいいのか?

 

 

体重計に毎日乗ってしまうと

少しの増減に振り回されてしまいます。

 

しかし体重の増減と一言で

あらわしてもその増減の理由はさまざまです。

 

脂肪はもちろんですが、

筋肉や水分などで簡単に日々増減していきます。

 

そもそも脂肪は見た目は大きいですが質量は軽く、

逆に筋肉は見た目は小さく質量は重いので

数字だけで太った、痩せたと判断してしまう

とかなり危険です。

 

またそのぐらい些細な事で体重は一日の中でも

増減しておりますのでその結果に

 

一喜一憂することによってストレスがかかり、

結局ダイエット自体が嫌になってしまい

リバウンドする、ということが起こりやすくなってしまいます。

 

逆に数字が増えたことによって「太った!」と

判断してしまい食べないダイエットなどをして

肌や髪ががさがさになってしまう人も多いです。

 

それは痩せたのではなく“やつれた”ということなので

無理な減量はやめましょう。

 

もう数字に振り回されない!健康的に痩せるコツとは?

 

スポンサーリンク

 

まず体重という数字に振り回されることを

やめて鏡で日々ボディラインのチェックをする習慣をつけましょう。

 

モデルの方もおこなっているそうですが、

ボディラインのチェックをするときは

基本的に何も着用せずおこなったほうが

 

分かりやすいですので、

お風呂上りなどでチェックするのが一番おすすめです。

 

「くびれが欲しい」や「ヒップラインをきれいに保ちたい」など

理想の体形に足りない部分に気が付いたら、

そこを補う適切な運動をおこなうのもオススメです。

 

数字と毎日向き合うよりも

自分のボディラインと向き合うことが

美への近道です。

 

ちなみにダイエット中は必ず

「停滞期」というものが来ます。

停滞期とは減量に身体が反応し、

エネルギー消費量を減らす防衛本能のようなものなので

誰しも起こることです。

 

長くて1か月ほども続くことのある

この停滞期にダイエットをあきらめてしまい、

リバウンドすることが多いです。

 

リバウンドをするとダイエットする前

よりもさらに太りやすくなっています。

 

停滞期の原因となっているホルモン

「ホメオスタシス」がエネルギー消費量を減少させているので、

脂肪などを蓄えやすくなっているのです。

 

この「ホメオスタシス」が分泌されやすくなる状況

というのが1ヶ月に約5%以上の体重を減量させたときです。

リバウンドしないためにも皆さん停滞期に

負けないように無理のないダイエットをおこなってくださいね。


 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

皆さん無理なダイエットをおこなっていませんか?

 

確かに数字だけを見てダイエットをすると

”数字”を減らし続けることに集中しすぎてしまい、

健康的なダイエットに取り組めていない方の話をよく聞きます。

 

そういった不健康なダイエット法は、

リバウンドだけでなく健康自体を阻害してしまい、

ひどい場合は摂食障害などの重大な病にかかってしまう人も中にはいます。

 

魅力的で健康的な自分でいるためにも、

正しいダイエット方法で理想の自分を手に入れてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

次世代のライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代のライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • おうち時間をテレビやゲームだけで過ごさないための使い方!アイデアは無限に生み出せる!

  • 新米と古米の水分量の違いは?絶品ごはんの炊き方教えます!

  • 朝活で頭スッキリ ゼロ秒思考メモ書きを身につけるやり方は?

  • ストレス解消にぴったり!自宅でできる シャドーボクシングは有酸素運動にもなる!

  • ファストファッションが生み出す深刻な環境問題とは?知らなかったじゃマズイかも!

  • 知らなきゃ損!!同じ時間を過ごしても充実度が違う【時間密度】の話